「Surface Hub」「HoloLens」も発表

Windows10は新ブラウザやゲーム動画キャプチャ機能など搭載。7/8.1からの無償アップグレードも

ファイル・ウェブ編集部
2015年01月22日
Microsoftは、新OS「Windows10」についてのメディアブリーフィングを開催。特徴を紹介するとともに、Windows7/8.1、およびWindows Phone 8.1ユーザーに対しては、Windows10リリース後1年間は無料アップグレードを提供することなどを明かした。なお、その後のアップグレードも無料で提供し続けるという。


Windowsの特徴は、パソコンやタブレット、スマートフォンなどといった端末をシームレスに使えるようにすることだと説明。写真や動画、音楽、地図やメールなども、端末間をシームレスに使えるアプリを提供するとしている。開発者にとっても、端末のOSのバージョンを気にせずアプリなどを開発でき、XBoxやIoT(Internet of Things/モノのインターネット)まで含めた開発を行えるとしている。

アシスタント機能「Cortana」を新搭載。ユーザーの好みを学習し、レコメンドや重要な情報のリマインドなど、様々な情報へアクセスしやすくするという。同機能では、音声やタイピングでの“会話”を通して情報の精度を高めていく。

「Cortana」を搭載

ブラウザには新たに“Project Spartan,”を採用。シンプルなレイアウトによって閲覧性を高めたことに加え、上記の「Cortana」と連携して、ネット上の情報を見つけやすくするという。また、閲覧中のウェブページに、タッチペンやキー入力でメモなどを加えて友人などと共有することも可能。

XBoxでのゲーム動画キャプチャー機能「Game DVR」をWindows 10にも搭載。Windowsキーと「G」キーを同時押しすることでゲーム動画をキャプチャーでき、その動画を友人などに公開できる。

そのほか、タブレットにもなるノートPCのような“2 in 1”の端末においては、「Continuum Mode」によってキーボード/マウス操作とタッチ操作をスムーズに切り替えるとしている。

Windows10搭載端末のひとつとして、「Microsoft Surface Hub」と「Microsoft HoloLens」も発表。

「Microsoft Surface Hub」は、主に遠隔会議などビジネス用途を意識した大画面端末で、84インチと55インチの2サイズを用意。内蔵カメラやセンサー、マイクによって、Windows10にカスタマイズされたSkypeやOneNoteなどを利用でき、表示中のコンテンツを様々な端末で共有できるという。

「Microsoft HoloLens」は、半透明型のグラス型ディスプレイ。実際の物体に、グラフィックスやテキストを、ホログラムのように重ね合わせて表示できる。詳細は別項で紹介している。

Windows10のテクニカルプレビューは来週から提供予定。その後、2月後半にはスマートフォン向けテクニカルプレビューの提供も開始する。

関連リンク

関連記事