フルセグ/ワンセグに加えNOTTVの視聴/録画が可能

ドコモ、Android/iOS対応のワイヤレスTVチューナー「TV BOX」 − ルーター/モバイルバッテリー機能も

ファイル・ウェブ編集部
2014年05月14日
NTTドコモは、フルセグ/ワンセグ/NOTTVチューナーとWi-Fiルーター、モバイルバッテリーという3つの機能を搭載したスマートフォン用アクセサリー「TV BOX」を7月より発売する。ドコモショップとドコモオンラインショップでの販売で、価格は「実質負担額で1万円台前半、できれば1万円を切りたいと思っている」(同社説明員)とのことだった。

TV BOX

本機で受信したデジタル放送を、Wi-Fi接続したスマートフォンで視聴できるモバイルチューナー。Android 4.0以降のAndroidスマートフォン/タブレット、およびiOS7以降のiPhone/iPad/iPod touchで使用できる。

iPhoneと組み合わせたところ

視聴用のアプリをAndroid/iOSの両方で無料提供。本機を使うことで、iPhoneなどチューナー非搭載機でもテレビを見られるようになることに加え、これまでiOS端末には非対応だったNOTTVも利用できるようになる。「公式な動作保証はしないが、他キャリアの端末でも使用できる可能性はある。アプリ配布に際してはキャリアによる制限などはかけない予定」だという。

アプリのUI例

OSにはAndroid 4.1を採用し、CPUには1.5GhzクワッドコアのK3V2を搭載。ROMは4GBで、RAMは2GB、バッテリー容量が3,560mAn。32GBまでのmicroSDHCカードに対応している。

背面カバーを開けるとメモリーカードとSIMカードスロットが

フルセグ/ワンセグ/NOTTVの録画にも対応。もちろんEPGからの予約録画も行える。なお、チューナーはフルセグ/ワンセグ/NOTTVを1つのチューナーに統合しているため、例えば録画中の裏番組視聴などは行えない。また、録画データはmicroSDカードに記録されるが、番組と端末の情報が紐づけられるため、microSDカードを他の端末に差し替えて視聴するなどといったことはできない。

また、フルセグはH.264でトランスコードし720×480解像度での視聴および録画となる。「トランスコードなしだとWi-Fiの帯域を多く使ってしまうため、受信の安定性を重視した」という。また、「録画の場合、トランスコードなしだと1時間番組で8GBくらいになるところを、2GBほどに抑えられるため、より多くの番組を録画できるメリットもある」とした。

別途HDMIケーブルを用意すれば、本機で受信した番組やYouTubeなどの各種アプリでの再生画面をテレビに出力することも可能。

テレビへ出力することもできる

下り112.5Mbps/上り37.5MbpsのLTEに対応し、最大8台までのテザリングが可能。なお、本機を利用するには必ずドコモとの回線契約が必要になる。「新料金プランの『デバイスプラス500』の対象になるため、お得に使っていただけるものになっている」とした。

前述のようにモバイルバッテリーとしても利用でき、USB端子からスマートフォン/iPhoneへの給電も可能。もちろんスマホを充電しながらフルセグなどを視聴することもできる。

なお、HDMIケーブルやUSBケーブルは付属させない予定。「iPhoneではLightningケーブル、AndroidスマートフォンではHDMIケーブルといった具合にユーザーによって必要なものが異なるため、あえて付属させないことにした。それによって価格も抑えられる」とのことだった。

関連リンク

関連記事