最高速度は90km/h

ソニー、αを搭載できる業務用ドローン「Airpeak S1」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年06月10日
ソニーグループ株式会社は、Airpeakの第一弾として開発した業務用ドローン「Airpeak S1(ARS-S1)」を9月に発売する。価格はオープンだが、税込1,100,000円前後の実売が予想される。

「Airpeak S1」

独自開発のモーターやプロペラ、制御システム、センシング技術を備えるドローン。今年の1月にCES 2021で明かされた製品が、正式に発表された格好だ。また、フルサイズミラーレス一眼カメラα搭載可能なモデルとしては、世界最小クラスとしている。

最高速度は90km/hで、最大角速度は180°/s、最大傾斜角度は55°。独自開発のキーデバイスを組み合わせた推進デバイスと飛行制御により、最大20m/sの強風下でも安定飛行できるという。

最高速度は90km/h

モーターには、独自開発となる17インチのプロペラやブラシレスモーターを採用する。これらを、ESC(Electric Speed Controller)によって最適に制御。推進デバイスとすべてのセンサー情報を統合することで、安定した飛行と高い操縦応答性を追求した。

推進デバイスを専用開発

センサーとして、同社製イメージセンサー内蔵のステレオカメラを、前後左右下の5方向に配置。これらの情報を同社のビジョンセンシングプロセッサーと独自アルゴリズムで処理する。また、IMU(Inertial Measurement Unit)、コンパス、気圧、赤外線距離などのセンサーを備える。これにより、屋内や橋梁下といった、GNSSを受信しづらい状況下でも安定飛行できるとする。

ソニー製イメージセンサーを搭載したステレオカメラ

ソニー製ビジョンセンシングプロセッサ

フルサイズミラーレス一眼カメラαの搭載に対応し、α7S/α7R/α9シリーズ、α1、FX3などを用途に合わせて選択できる。Gremsy社製の専用ジンバル「T3 for Airpeak」に対応。iOS/iPad OS対応のモバイルアプリ「Airpeak Flight」も用意され、αの映像をリアルタイムで確認しながら操作が可能。アプリでは、飛行距離やバッテリー残量などの状態確認や、各種操作、設定変更なども行える。

フルサイズミラーレス一眼αが積載可能

Webアプリ「Airpeak Base」を用意。クラウドでの統合管理に対応し、機材管理や飛行プラン作成、プライトログ管理が行える。機材管理では、使用した機材情報が自動でリストアップされ、フライトログをもとに管理できる。

また飛行プランでは、空中にレールを設置したかのように自動的に何度も機体を飛行させられるとのこと。タイムラインにそって機体の位置や速度を設定し、ジンバルの向きや撮影のタイミングの指定にも対応する。また過去のログを元に自動再現する「再現飛行」機能も備える。

開閉可能なランディングギアを採用する。外形寸法は約591.9W×526.8H×511.8Dmmで、質量は約3.1kg(バッテリーパック除く)。また、最大積載可能質量は約2.5kg。最大飛行時間はペイロードなし時で約22分となる。

開閉式ランディングギアを採用

関連リンク

関連記事