最高時速は19km/h

ソニーとヤマハが「クルマ」を共同開発。ソニーのCMOS+CGでエンタメ機能強化

編集部:風間雄介
2019年08月21日
ソニー(株)とヤマハ発動機(株)は、共同で4輪車両「Sociable Cart(ソーシャブルカート):SC-1 」を開発した。本年度内にも国内で、このクルマを使ったサービスを開始する予定。一般販売は予定していないという。

「Sociable Cart(ソーシャブルカート):SC-1 」

最高時速19km/hの電動自動車で、主にゴルフ場や各種アミューズメント施設、商業施設などでの利用を想定している。

ソニー製の35mmフルサイズ Exmor CMOSセンサーを5基、1/3.8型CMOS イメージセンサー「ISX019」搭載カメラを2基搭載。これらで撮影した映像を、計5台の50インチ級4K液晶モニターへ映し出すことで、物理的なガラス窓が不要になるほか、映像にCGを重ね合わせることで、車窓がエンタメを楽しむディスプレイとして活用可能になる。

さらに、センサーが得た情報をAIで解析することで、表示する情報を最適化することができる。たとえば車両周囲の人の性別や年齢などの属性を判断し、最適な広告や情報を表示する、などの使い方が考えられる。

またこのカメラは自動運転にも活用。超高感度センサーを使っていることから、夜でもヘッドライト無しで運転できるほか、遠隔地からの走行操作も行える。

関連リンク

関連記事