未受領ユーザーにはLINE公式から送金も

LINEの友だちに1,000円分送金できる「300億円祭」、上限到達まで期間延長

編集部:川田菜月
2019年05月30日
LINE(株)とLINE Pay(株)は、5月20日から29日までの10日間開催した、自己負担なくLINE上の友だちに1,000円相当のモバイル送金ができる「祝!令和 全員にあげちゃう 300億円祭」のキャンペーン期間延長を発表した。

総額300億円相当分に到達するまでキャンペーン期間を延長

本キャンペーンは「LINE史上最大の還元祭」として実施された、LINE上の友だちに対して「LINE Pay ボーナス」を一人当たり1,000円相当分、自己負担なく送金できるという企画(関連ニュース)。当初5月20日〜29日の10日間に開催し、最終日時点で送付人数はLINEの国内月間利用者8,000万人の1/4規模に迫る約2,000万人にのぼり、総額300億円相当分のうち約200億円相当分の送金が行われた。

今回、同社はキャンペーン実施期間を延長し、総額300億円相当分がなくなり次第終了とすることを決定。合わせて、LINEの公式アカウント各種と友だちになっているユーザーを対象に、まだLINE Payボーナスを受け取っていない方に1,000円相当を送る企画も実施される。

期間延長について同社は、「開始直後から想定以上に大きな反響があり、キャンペーンページにつながりにくい状況や、一部システム障害・遅延などにより、開始から数日間はユーザーの皆様にご不便、ご迷惑をおかけいたしました。これら状況を鑑み、300億円相当が送付終了するまで期間を延長することを決定しました」としている。

また、1,000円相当分の受け取り条件となる本人確認方法のうち、「かんたん本人確認」(e-KYC)については、すでに受け付けされた分を優先対応するため新規受け付けを一時的に停止していたが、現在は復旧しているとのこと。なお本人確認方法は他にも、銀行口座の登録/郵送本人確認が選択可能。

さらにダブルチャンス企画として同期間実施された、LINE Payボーナス100万円分が当たるTwitter企画「#100万円分チャレンジ」(関連ニュース)についても、送金総額が300億円相当分に達するまで同じく延長される。

関連記事