「Azure IoT Edge」ソリューションを共同開発

MicrosoftとDJIがドローン開発で戦略的パートナーシップ、Windows 10用SDKも提供

編集部:押野 由宇
2018年05月08日
米Microsoftと中国DJIは、AIと機械学習機能をDJI製ドローンに提供し、企業が商用ドローンとエッジクラウドコンピューティングを活用することを支援するための戦略的パートナーシップの提携を5月7日(現地時間)に発表した。

このパートナーシップを通じて、DJIはWindows用ソフトウェア開発キット(SDK)をリリース。これにより、自律飛行やリアルタイムデータストリーミングなど、DJIドローンを遠隔操作できるWindowsアプリケーションを開発できるようにするとしている。

またMicrosoftのクラウドサービス「Azure IoT Edge」を活用した商用ドローン向けソリューションを共同開発。農業、建設、公共安全などに提供される。DJIのSDKについては、Microsoft Build Live 2018の参加者にベータ版として提供され、2018年秋に広く利用可能となるという。

関連記事