「Windows Store」などでのDLも終了

マイクロソフト、定額制音楽配信「Groove Music Pass」を年内で終了 ー Spotifyへの移行促す

編集部:小澤貴信
2017年10月03日
マイクロソフトは、同社が手がける音楽配信サービス「Groove」、定額制ストリーミングサービス「Groove Music Pass」、および「Windows Store」における音楽配信を2017年12月31日で終了する。公式ブログ「Windows Bolgs」にて発表した。


同社では、Groove Music Passを利用しているユーザーに対して、マイクロソフトがパートナーシップを締結しているSpotifyへのサービス移行を促している。Groove Music Passで選曲した楽曲やプレイリストを簡単にSpotifyへ移行できる方法も用意される。また要件を満たしたユーザーには、Spotify Premiumの60日間無料トライアルが提供される。

上記サービスに対応したアプリ「Groove Music」の提供は継続され、引き続きコンテンツの再生や音楽ライブラリ管理は行うことができる。アップデートも引き続き行われていくとのことだ。

関連リンク

関連記事