Live2Dは採用活動を強化

アニプレックスとLive2Dが業務資本提携。“新しい映像表現”を目指した長編アニメ映画制作をスタート

編集部:押野 由宇
2018年03月28日
株式会社アニプレックスと株式会社Live2Dは業務資本提携を行い、アニプレックスがLive2D社の株式の過半数を取得したことを発表。映像技術『Live2D』を使用した長編アニメーション映画制作を始動することをアナウンスした。


Live2Dは2次元でしか表現できない魅力的な『絵』を、絵のままでダイナミックに、思い通りに動かすことを目指し、3Dと全く異なるアプローチによって実現した映像技術。

これまで、『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 』『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』『ガールフレンド(仮) 』など国内外300以上の商用タイトル(映像・ゲーム・アプリ)で使用されており、2017年の世界のパブリッシャーTOP10社のうち70%が、国内TOP52社のうち87%がLive2Dを採用したコンテンツをリリースしている。

両社は、このLive2Dを使ったこれまでに無い全く新しい映像表現でのアニメーション作品制作に取り組むことを目標とし、その実現に向けて持続的な協業関係を構築し、長編アニメーション映画制作に挑戦するため業務資本提携に至ったとしている。

Live2D社は本提携を機に、ソフトウェアの開発と全世界に向けた提供をさらに加速させるため本発表後から採用活動を強化し、Live2Dの開発に携わるエンジニア、長編アニメーション制作に従事するデザイナーを始め幅広い職種の人材採用を開始する。これによりゲームを中心としたリアルタイム表現、そしてアニメーションによる映像表現に関わる2Dクリエイターにとって理想的な 『 描きたい通りに描き、動かしたい通りに動かす 』未来を実現するとしている。

業務資本提携についてアニプレックス 代表取締役 岩上敦宏氏は「アニメやアプリゲームにおいて広く利用されているソフトウェア『Live2D』を有するLive2D社と話し合いをしていく中で、同社の技術を駆使した長編映像制作を行いたいという熱意を強く感じました。今回の提携によりアニプレックスはLive2D社のビジネスを支援しながら、ともに映像技術をさらに進化させ、さらなる映像表現を追求していけば全く新しい映像作品ができると確信しております。長い道のりかもしれませんが、ぜひご期待ください」とコメント。

またLive2D社 代表取締役 中城哲也氏は「Live2Dは国内外のアプリゲームを中心に普及が進んでいます。今回、エンタテインメント事業を全世界規模で展開するアニプレックスとの提携により、長編アニメーション映画制作に挑戦する機会をいただきました。アプリゲーム業界向けのツール開発をこれまで以上に加速させつつ、革新的な映像表現と、それを実現する技術を提供することで、2Dコンテンツ、そしてそれを支えるクリエイターの発展に貢献出来ると確信しております」と述べている。

関連記事