Game Developers Conferenceで発表

ソニーのVRシステム「Morpheus」に有機EL/120fps対応の新試作機 − '16年上半期に発売へ

編集部:小野佳希
2015年03月04日
ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、PS4用のヘッドマウントディスプレイを用いたバーチャルリアリティシステム「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」の新型試作機を、米サンフランシスコで開催中のGame Developers Conference 2015で発表した。

Project Morpheus

MorpheusはプロセッサーユニットとヘッドマウントユニットからなるVRシステム。今回の新型試作機では、従来機の5インチの液晶ディスプレイに代わり、解像度1,920×RGB×1,080の5.7インチの有機ELディスプレイ(OLED)を採用した。これにより視野角が向上するとともに、映像の残像感やブレを大幅に低減させることが可能になり、細緻に描き出されたゲームの仮想世界に入りこんでいるような感覚を高めたとしている。

装着イメージ

OLED採用に伴い、120fpsの映像表示に対応。さらにPS4側もシステムソフトウェアのアップデートにより、Morpheusに接続して使用する際に120fpsの映像出力が可能になる。これらを組み合わせることで、MorpheusによるVR体験の効果向上を図っている。

さらに、従来機のVRヘッドセットに搭載していた6つのLEDの数を9つに増加。VRヘッドセットを装着したユーザーの頭部の位置をPlayStation Cameraがさらに正確に検知できるようにした。また、システム全体の最適化を行い、検知した頭部の動きを映像に反映するまでの遅延時間を減少させた。これにより、頭部の動きとの連動性を高めたVR体験を可能にした。

また、従来からのバイザースタイルを継承しながら、一本のバンドだけで頭部に固定する構造に変更。より簡単にVRヘッドセットを着脱できるようにした。加えて、部品構造の見直しと最適化を図ることで軽量化も実現している。

もちろん、3Dオーディオやソーシャルスクリーンなど、従来機から搭載している機能も引き続きサポート。ゲーム開発者に向けては、60fpsのゲームを120fpsで出力するためのSDKも提供し、従来機で開発していたコンテンツも新型試作機にて引き続き開発できるようにする。

同社では、Morpheusの2016年上半期中の商品化を目指し、今後もさらに開発を進めていくと説明。

関連リンク

関連記事