'15年上半期から

クラウドゲーム「PS Now」がサムスンのスマートTVで利用可能に

ファイル・ウェブ編集部
2014年12月24日
サムスン電子(株)と(株)ソニー・コンピュータエン タテインメント(SCE)は、SCEのストリーミングゲームサービス「PS Now」を、サムスンの「Samsung Smart TV」で利用可能にすると発表した。

「プレイステーション ナウ」(PS Now)は、クラウドを利用し、PS3のゲームをストリーミング経由で遊べるようにするサービス。北米で今年オープンベータサービスが行われており、PS4やPS3はもちろん、PS VitaやPS Vita TV、BRAVIAなどで利用できる。

今回の、SCEとサムスンとの新サービスの対象は、米国・カナダの「Samsung Smart TV」所有者。2015年上半期中にサービスを開始する。同地域のSamsung Smart TVユーザーは、テレビをインターネットに接続することで、ダウンロードを行うことなくPS Nowで提供する200本以上のゲーム作品を楽しめるようになる。

コントローラーには「DUALSHOCK 4」を利用する。なお、Samsung Smart TVでも、現在PS Nowで提供しているトロフィー、オンライン対戦、クラウドでのゲームデータのセーブなど、PS Nowの各種機能にすべて対応する。

なお、2015年1月に米ラスベガスで開催されるInternational CESでは、サムスンブースでSamsung Smart TVを使ってPS Nowを試遊することができる。

関連記事