ネット経由で一緒にプレイすることが可能に

PS4のソフトウェアVer2.00発表 − シェア機能拡充、USB音楽再生も可能に

ファイル・ウェブ編集部
2014年10月17日
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は、PlayStation 4のシステムソフトウェアアップデート バージョン2.00の内容を発表した。アップデートの日程については後日案内される。

バージョン2.00ではSHARE機能を大幅に拡充する。新たに、プレイ中のゲームへインターネット経由でフレンドを招待し、一緒に遊ぶことができる「シェアプレイ」機能を追加。招待するフレンドがそのゲームを所有している必要はなく、「クリアできないところを手伝ってもらう」など、様々な楽しみ方が可能になる。

「シェアプレイ」機能を追加する

シェアプレイには画面だけを共有する方法、ビジターがホストユーザーの代わりにプレイする方法、そして一緒にゲームをプレイする方法の、3種類の方法が用意されている。

また、YouTubeへのビデオクリップアップロードが可能になる。なお、PS4からYouTubeにシェアされた動画は、What's Newやアクティビティーから再生できる。

YouTubeへのビデオクリップアップロードが可能に

オーディオビジュアル関連機能では、新機能として「USBミュージックプレイヤー」を追加。USBストレージ機器に保存された音楽ファイルを再生する機能だ。ゲームをプレイしながら音楽ファイルを再生することも可能。利用するには、USBストレージ機器にあらかじめ「Music」というフォルダーを作成し、フォルダー内に音楽ファイルを保存しておく必要がある。対応しているファイル形式はMP3、AAC。

新機能「USBミュージックプレイヤー」を追加

そのほか、ブロードキャスト機能やLive from PlayStationにも新機能を追加し、使い勝手を高める。Live from PlayStationでは「おすすめ」カテゴリーを新設し、公式番組やフレンド、お気に入り配信者のブロードキャストを表示。また気に入った配信者をフォローする機能も加える。

そのほか使い勝手では、テーマに対応。PS3やPS Vitaではすでに利用できる機能で、PS4のホーム画面を、好みのスタイルに変更することができる。

関連記事