ソニエリ、「Xperia ray」を第3四半期に日本で発売 − 防水モデル「Xperia active」も発表

ファイル・ウェブ編集部
2011年06月22日
ソニー・エリクソンは、Androidスマートフォン“Xperia”シリーズの新モデルを発表した。

「Xperia ray」は日本を含むいくつかの市場で、今年第3四半期に発売する。なお名称の「ray」は日本語の「麗」などからインスパイアされたものだという。

「Xperia ray」

カラーバリエーションも用意

3.3インチ、854×480ピクセルの画面を搭載し、筐体は9.4mmと薄型。アルミフレームを使用して高級感も高めた。OSにはAndroid 2.3を採用している。

プロセッサーには1GHzのものを採用。ソニーの高画質化技術「Reality Display」やモバイルBRAVIAエンジン、8,1メガピクセルのExmor Rセンサー搭載カメラなども備えている。

内蔵バッテリーは1,500mAh。本体色はブラック/ゴールド/ホワイト/ピンクの4色で、外形寸法は111×53×9.4mm、質量は100gと小型軽量な点も特徴だ。

なお、いくつかの市場では、リモコンつきのスタイリッシュなイヤホン「LiveSound」を同梱。またドックステーション「LiveDock」も用意される。

「LiveSound」

ドックステーション「LiveDock」

■防塵・防水仕様の「Xperia active」も発表

さらに同社は、防塵・防水仕様の「Xperia active」も発表。日本での発売はアナウンスされていないが、世界のいくつかのマーケットで、今年第3四半期から販売を開始する。

防塵・防水仕様の「Xperia active」

OSはAndroid 2.3で、1GHzのプロセッサーを搭載。内蔵カメラは5メガピクセル。「Reality Display」やモバイルBRAVIAエンジンも備えている。外形寸法は55×92×16.5mm、質量は110.8g。

関連記事