加入者のみ体験できるコンテンツを用意

SCE、ゲーム先行体験などが楽しめる定額制サービス「PlayStation Plus」を開始

ファイル・ウェブ編集部
2010年06月16日

(株)ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、PlayStation Network上で加入者限定のサービスや機能が楽しめる定額制サービスパッケージ「PlayStation Plus」を2010年6月29日より日本・アジア・北米・欧州の各地域で開始する。

「PlayStation Plus」は30日間、90日間、365日間のなかから好みの期間を選ぶ仕組み。利用価格は日本の場合、30日間と365日間のみ選択が可能で、30日間の利用権は500円、365日間の場合は5,000円となる。

提供されるのは以下のサービスだ。

■ゲームトライアル:毎月変わる特定のPS3ダウンロードタイトルおよびゲームアーカイブスを、無料で一定期間楽しめる。期間が過ぎた後でも、そのタイトルを購入すれば無料期間中に作成したセーブデータなどを継続して利用可能。

■フリープレイ:毎月変わる特定のPS3ダウンロードタイトルおよびゲームアーカイブスを、無料で入手可能。PlayStation Plus利用期間内は、回数や時間の制限なく楽しむことができる。

■スペシャル:加入者向けに提供される「アバター」ならびに「カスタムテーマ」を無料で入手可能。

■ディスカウント:PS3およビびPSP向けゲームコンテンツの中から、毎月変わる特定のコンテンツを特別価格で購入可能。

■先行体験:新作ゲームや体験版、ビデオコンテンツを、一般配信日よりも早くダウンロードして楽しんだり、特定のオンラインゲームのベータテストに優先的にぎ参加いただくことが可能。

■自動ダウンロード:ゲームおよびPS3システムソフトウェアのアップデートデータなどを、自動的にダウンロード/インストールすることが可能。指定した時間帯にPS3が起動し、ダウンロード完了後、自動的に電源が切れるしくみ。

関連記事