クレジットカード情報漏洩の可能性も

「PlayStation Network」と「Qriocity」から個人情報が漏洩

ファイル・ウェブ編集部
2011年04月27日
ソニーのPlayStation公式ブログ「PlayStation.Blog」は、21日からサービス障害が発生している「PlayStation Network」(PSN)と「Qriocity」について、最新情報を発表した。

公式ブログによると、4月17日から19日にかけて、違法なネットワークへの侵入行為があったことを同社が発見。これを受けてPSNとQriocityのサービスを停止し、外部のセキュリティ専門会社に、原因の調査を依頼。さらにシステムを再構築することで、迅速にセキュリティやネットワークインフラを強化し、個人情報保護の徹底を図っているという。

同社では、依然として出来事の詳細については調査中としているが、不当な攻撃を行った者が、同社ネットワークから、氏名、住所、国名、メールアドレス、生年月日、PSN/Qriocityのパスワードとログイン/ハンドルIDを盗んだと考えられる、としている。また、購入履歴や請求先の住所、PSN/Qriocityのパスワード確認のための秘密の質問なども盗まれた可能性があるという。

さらに同社では、クレジットカード情報が盗まれた証拠は見つかっていないが、盗まれた可能性は排除できないとしている。PSN/Qriocityにクレジットカード情報を登録している場合には、セキュリティコード以外の、クレジットカード情報や有効期限などの情報が、不当な攻撃を行った者に取得された可能性を考慮し、注意して行動するよう呼びかけている。

また安全のため、Eメールや電話、郵便などを使って、個人情報などを取得しようと試みる連絡には注意するよう呼びかけている。ソニーがクレジットカードや社会保険番号など、個人を識別できる情報の提供を求めることはなく、このような呼びかけがあった場合、ソニーが質問しているのではないと判断して良いとしている。

加えて同社では、PSNやQriocityが再スタートしたときには、パスワードを変更するよう強く推奨するほか、PSNやQriocityで使っているパスワードをほかの関連サービスでも用いている場合、それらも変更するよう勧めている。

PlayStation Networkには、今年1月25日時点で6,900万アカウントが登録されていた。

記事執筆時点(4月27日8時30分)で、国内のPlayStation Network公式情報ページに、この件に関する記載はない。

関連記事