テレコンバーター2種も発表

ニコン、新レンズと合わせて“コンパクト&軽量”実現のフルサイズミラーレス「Z 5」

編集部:平山洸太
2020年07月21日
ニコンイメージングジャパンは、フルサイズミラーレス一眼カメラ「Z 5」を8月下旬に発売する。価格はオープンだが、ボディ単体は税込182,600円前後、標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」とのレンズキットは税込222,200円前後での実売が予想される。

ニコン「Z 5」

同社フルサイズミラーレス一眼カメラの新製品として、既存モデル「Z 6」よりも手の出しやすい価格を目指したモデル。 「日常をドラマチックに」をテーマに、同時発表の小型軽量ズームレンズ「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」と組み合わせることで、日常の中で持ち歩き撮影するような使い方も想定されている。

なおキットレンズは単品販売も行われ、価格はオープンだが、税込52,800円前後での実売を予想。質量は約195gで、最短撮影距離はズーム全域で0.35cm、フィルター径はφ52mmとなる。専用フード「HB-98」は別売。

「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」

別売のフードを付けた状態

Z 5の基本仕様は多くの点でZ 6を踏襲しているが、より幅広いユーザーに向け、変更された点もある。まずメディアスロットは、Z 6のXQDシングルスロットから、SDカードのダブルスロットに変更。1つはUHS-IIに対応する。

SD×2のデュアルスロットを採用

またバッテリーは新タイプのEN-EL15cを採用。これまでのEN-EL15bと同サイズながらも、容量を120%向上。これにより、撮影可能枚数は約470枚(背面モニター使用時)を実現している。USBからの充電だけでなく、給電にも対応する。

側面端子部

撮像素子には、有効2,432万画素のニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載。裏面照射型ではないものの、常用感度はZ 6と同じくISO 100 - 51200を実現。高感度時の写りについても、「よほど大きく伸ばさない限りは影響はでてこない」程度の差としている。画像処理エンジンには、最新のEXPEED 6を搭載する。

最大約5段分の効果を実現した5軸ボディ内手ブレ補正を内蔵する。ファインダーは0.5型約369万ドット/約0.8倍で、従来と同じく光学系にこだわった仕様。タッチパネル対応の背面モニターはチルト式の3.2型で、解像度は約104万ドット。

背面イメージ

本体の質量はZ 6と同様の約675g(バッテリー・メモリーカード含む)だが、キットレンズの軽量化により、Z 6のレンズキットと比較した場合で300g軽量の約870gを実現。外形寸法は約134W×100.5H×69.5Dmmで、Z 6とほぼ同様だ。

上部イメージ

AFは水平垂直約90%をカバーしたハイブリッド273点AFシステムを採用。瞳AFや動物AFにも対応する。暗所でのAFは、拡張で-3EVが可能。また最高1/8000のシャッタースピードを実現しており、最大4.5コマ/秒の連写に対応する。動画は4Kに対応。一方でZ 6と比較すると、10bit出力や、スローモーション撮影といった一部機能が省略されている。

同時発売のアクセサリーとして、エクステンショングリップと縦位置ブラケットを用意。2つを合体させて使うことも可能で、アルカスイス規格にも対応する。また、Z 5だけでなく、Z 6/Z 7も対応する。本体のバッテリー部分は可動するようになっており、取り外すことなくバッテリー交換が行える。

またテレコンバーター「Z TELECONVERTER TC-1.4x」を78,320円、「Z TELECONVERTER TC-2x」を84,370円(いずれも税込)で9月に発売する。Zマウントシステムとして、AFや手ブレ補正の低下を極力落とすなど光学性能を追求。S-Line同等の防塵防滴性能を備えるほか、フッ素コートを採用する。対応レンズはZ70-200 f/2.8のみで、FTZやそのほかのレンズには対応しない。

そのほかオリジナルグッズから、スポルトワンショルダーバッグにネイビーの新色、新製品として、スマートカメラリュックのII型、アクセサリーシューカバーを発表。シューカバーはシルバーとブラックの2色で、それぞれZロゴ有無の4種類をラインナップする。

関連リンク

関連記事