上位モデルのエルゴノミクスデザインを踏襲

ニコン「Z 50」、発売日が11月22日に決定

編集部:平山洸太
2019年11月12日
ニコンは、同社初のAPS-Cサイズ(ニコンDXフォーマット)とZマウントを採用したミラーレスカメラ「ニコン Z 50」を11月22日に発売する。発表時には11月下旬と案内されていたが、具体的な発売日が決定した格好だ。

「ニコン Z 50」

Z 50は、ニコン初のDXフォーマットミラーレスカメラ。像面位相差AF画素搭載の有効2088万画素CMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 6」を搭載する。本体は小型軽量を追求しながらもフルサイズの上位機「Z 7」などのエルゴノミクスデザインを踏襲し、しっかりとホールドできるグリップ形状や、レリーズボタンまで自然に指を伸ばせるような操作感に配慮している。

なお価格はオープンだが、直販サイトではボディ単体を119,900円(以下、価格はすべて税込)、16-50mmのレンズキットを139,810円、50-250レンズも付くダブルズームキットを169,840円で販売する。

レンズキットは「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」レンズのセットで、ダブルズームキットは同レンズに加えて「NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR」レンズが付属する。

発売記念キャンペーンも実施。ダブルズームキット購入で2万円、レンズキット購入で15,000円、ボディ単体購入で1万円をキャッシュバックするキャンペーンも2020年1月14日まで実施する。

関連リンク

関連記事