究極の光学性能を追求

ニコン、開放F0.95の標準単焦点レンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」。税抜115万円

編集部:平山洸太
2019年10月10日
ニコンは、同社ミラーレス一眼カメラ用マウント「Zマウント」用のレンズとして、「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を10月12日10時に発売する。受注生産となっており、価格は1,150,000円(税抜)。

「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」

昨年2018年8月に開発発表が行われた製品が正式に発表された格好だ。

「NIKKOR Z レンズの光学性能の高さを象徴するレンズ」とアピールされており、S-Lineシリーズの最高峰に位置するレンズ。同社史上最も明るいという開放F値0.95を実現している。

開発には1977年発売の「AI Noct Nikkor 58mm F1.2」の設計思想を引き継ぎ、究極の光学性能を追求したとのこと。点像再現性、解像力、ボケの全てにおいて非常に優れた描写性能を開放から発揮するとしている。

レンズ構成は10群17枚で、研削非球面レンズを含む非球面レンズ3枚、EDレンズ4枚を使用。コーティングにはアルネオコートとナノクリスタルコートが用いられる。

カットモデル

また本体はすべて金属切削加工により作り上げられ、デザインは黄色の “Noct” 刻印など、「所有することによる媚を感じていただける高級感のあるデザイン」に仕上げたという。

外形寸法は約102(最大径)×153mmで、質量は約2000g。専用のトランクケース「CT-101」が付属する。

トランクケース「CT-101」

関連記事