広視野角レンズ採用

パナソニック、HDR対応で視認性を高めたカー用リヤビューカメラ

編集部:押野 由宇
2019年06月06日
パナソニック株式会社オートモーティブ社は、HDR対応のリヤビューカメラ「CY-RC100KD」を、7月上旬より発売する。価格はオープンだが、14,000円前後での実売が予想される。

「CY-RC100KD」

逆光で強い光のある場所、夜間暗い場所でも見やすいHDR対応のイメージセンサを採用。これにより画像の明るさをリアルタイムで補正、白飛び・黒つぶれを抑制し、視認性を高めることで、さらなる安全・安心の向上を実現したとしている。有効画素数は約31万画素。

HDR対応により視認性を向上

また、レンズには水平146°/垂直114°の広視野角レンズを採用。従来モデル(CY-RC90KD)の画角である水平145°/垂直112°から視野角を拡大させており、ここでも視認性の向上を図っている。

本体はIEC(国際電気標準会議)が定めた防塵・防水基準の上位等級IP68に準拠したカメラボディを開発。厳しい環境下での使用を可能とした。

一般的なRCA出力のピン端子を採用することで、映像入力端子が付いているカーナビゲーションシステムや各種モニターなど幅広い製品との接続に対応する。加えて、ケーブル部にあった電源回路をカメラ本体に内蔵、突起部を無くすことで、配線の作業性を向上させている。

外形寸法は23W×23H×23Dmm(背面突起部を除く)でコード長は0.5m、質量は約35 g(コードを含む)。

関連記事