3cmマクロ撮影可能な高級コンパクト「DC-TX2」も発売

チルトファインダーや露出補正ダイヤル搭載で操作性を高めた“LUMIX”「GX7MK3」。20Mローパスレスセンサー搭載

編集部:成藤正宣
2018年02月14日
パナソニックは、マイクロフォーサーズ規格の軽量ミラーレス一眼“LUMIX”「GX7MK3」と、1.0型高感度MOSセンサーを搭載した高級コンパクトデジタルカメラ“LUMIX”「DC-TX2」を3月15日に発売する。いずれもオープン価格。

【ラインナップ】
■ミラーレスデジタル一眼カメラ「GX7MK3
・ボディ:予想実売価格¥100,000前後
・単焦点ライカDGレンズキット:予想実売価格¥140,000前後
・12-32mm標準ズームキット:予想実売価格¥111,000前後

G7MK3

■コンパクトデジタルカメラ「DC-TX2
本体:予想実売価格¥100,000前後


TX2

GX7MK3は、2016年に発売した「GX7MK2」の後継となるミラーレスデジタル一眼カメラ。搭載する2030万画素Live Mosセンサーは、上位機種「GX8」に搭載されたセンサーをローパスフィルターレス仕様としたもので、解像度をより高めている。

電子ファインダーは約276ドット相当、倍率0.7倍で、GX8と同様のチルト式を採用。上方向に稼働することでローアングル撮影がしやすくなっている。アイカップも従来機種から形状と弾力を変更し、遮光性とフィット感を向上させている。モニターは3.0型で124万ドットの静電式タッチパネルを搭載する。

実用的かつ直感的に操作できるインターフェースを目指し、従来機種から背面ボタンを大型化し、電源やダイヤル位置を誤操作しにくい位置へ移動。モード切り替えダイヤル、前後ダイヤルに加え、明暗を瞬時に設定できる露出補正ダイヤルと、被写体に合わせてAF/MFを切り替えられるフォーカスレバーを新たに搭載した。

チルト式ファインダーやダイヤル/スイッチの増設でさらなる操作性を獲得

静止画撮影においては4K解像度による撮影機能「4Kフォト」を引き続き搭載。連写の際には「鳥が飛び立った瞬間」「人が振り向いた瞬間」など決定的瞬間と思しき写真を検出し、自動的にマーキングする「オートマーキング」機能、動体を撮影した一連の写真を、動きの軌跡を写した1枚にPCレスで合成できる「軌跡合成」機能を使用できる。動画は4K/30pまでの解像度で撮影可能。

GX7MK2から搭載されている特徴的なモノクロ撮影モード「L.モノクローム」には、ハイライトとシャドウをより強調するバリエーションとして「L.モノクロームD」を追加。フィルムカメラのような質感を付加できる「粒状」機能も搭載された。

ボディはブラック/シルバーの2色

無線規格はBluetooth v4.2(Bluetooth Low Energy)とWi-Fi 2.4GHz(11b/g/n)に対応。Low Energy対応により超低消費電力となったBluetoothによってスマートフォンとの常時接続が可能となり、画像転送時には自動的にWi-Fiに切り替わる。スマートフォンをリモコンとして撮影操作もできる。

その他、連射速度は最速9コマ/秒、露光時間は最長30分。撮影可能枚数はモニター撮影で約260枚。ファインダー撮影で約250枚だが、センサー感知によりファインダーの電源をOFFして電力を節約する「省電力ファインダー撮影」機能を用いることで、連続約900枚のファインダー撮影が可能となる。

ISO感度は常用200〜25600、拡張感度は100。シャッター速度はメカニカルシャッターが60〜1/4000、電子シャッターが1〜1/16000。外形寸法は124W×72.1H×46.8Dmm、ボディ質量は約407kg。

片手で楽々と保持できるサイズ感

単焦点ライカDGレンズキットには「LEICA DG 15mm F1.7」単焦点レンズ、標準ズームレンズキットには12-32mm 標準ズームレンズが付属する。

DC-TX2はコンパクトな筐体に2010万画素/1.0型高感度MOSセンサーと24-360mm/F3.3-6.4の15倍ズームレンズを搭載するデジタルカメラ。最短撮影距離は3cmでマクロ撮影もこなすことができる。

15倍ズームのレンズを搭載。フラッシュも内蔵

ファインダーはセンサーと同じアスペクト比3:2で倍率は0.53倍、0.21型233万ドット相当のパネルを搭載。モニターも3.0型124万ドットの液晶を採用し、高い視認性を確保している。

操作性に関しても表裏両面に配置されたエラストマー製グリップ、レンズ根本のコントロールリング、モニターをタッチして操作できるAF/AE、シャッターなど高い次元でこだわりの撮影を支えるとしている。

タッチ操作可能なモニターや背面右側に集中配置されたボタンなど操作性にも配慮

静止画はモニター撮影で約370枚、ファインダー撮影で約250枚の撮影が可能で、さらにeco30fps機能を起動することでファインダー撮影枚数を約350枚まで延長できる。動画は4K/30p解像度で最長15分の撮影が可能。

レンズカバーは薄型の8枚羽

無線規格はBluetooth Low EnergyとWi-Fi 2.4GHzに対応し、スマートフォンへの自動転送、リモート起動などが可能となっている。

ISO感度は常用200〜12800、拡張感度は80、100、25600。シャッター速度はメカニカルシャッターが60〜1/2000、電子シャッターが1〜1/16000。連射速度は最速10枚/秒。外形寸法は110.5W×64.5H×44.3Dmm、質量は310g(バッテリー/カード含む)。

先日発表された「DC-GF10」を交えたサイズ比較。いずれもコンパクトにまとまっている

関連記事