秒間30コマ連写の「4Kフォト」にも対応

パナソニック、光学60倍ズームに対応したレンズ一体型デジカメ「DC-FZ85」

ファイル・ウェブ編集部
2017年01月25日
パナソニックは、光学60倍ズームに対応したレンズ一体型デジタルカメラ「DC-FZ85」を3月10日より発売する。価格はオープンだが、47,000円前後での実売が予想される。

「DC-FZ85」

本日開催の発表会でも展示

広角20mmから望遠1200mmまで撮影できるレンズを搭載。新ヴィーナスエンジンにより秒間30コマ連写の「4Kフォト」も撮影できるレンズ一体型デジタルカメラ。1/2.3型の高感度MOSセンサー(総画素数1890万画素)を搭載し、カメラ有効画素数は1,810万画素となる。

光学60倍ズームに対応したレンズを搭載し、広角20mmから望遠1200mmまでに対応。超解像技術により画質劣化を抑えた超解像iAズームを使用することで、120倍(35mm判換算:2400mm)での撮影も行える。マクロモードにも対応する。

別売のテレコンバージョンレンズ(DMW-LT55)とクローズアップレンズ(DMW-LC55)の装着も可能だ(使用には別売のレンズアダプターDMW-LA8が必要)。

独自の空間認識技術「DFD(Depth From Defocus)テクノロジー」と高精度なコントラストAFによる「空間認識AF」を採用。AF速度はワイド端で0.09秒、テレ端で0.10秒を実現した。

秒速30コマ連写による「4Kフォト」モードも搭載。被写体の性質に合わせて、4K連写、4K連写(S/S)、4Kプリ連写の3つのモードを選択できる。動画撮影については、4K/30p撮影に対応する(MP4:約100Mbps)。

撮影後に好きなフォーカスポイントの写真を選べる「フォーカスセレクト&フォーカス合成」モードを搭載したことも特徴だ。

「フォーカスセレクト」モードでは、4Kフォト機能を利用してフォーカスポイントを変えながら撮影。撮影後に好きなフォーカスポイントの写真を自由に選べる。また、「フォーカス合成」機能を使えば、フォーカスセレクトを使って撮影した後に、フォーカス位置の異なる複数の画像を合成して、ピントの合った範囲を広げた写真を作ることができる。合成に適した画像をカメラが自動で選択し、1枚の写真にする「自動合成」、ピントの合った範囲を任意で選ぶ「指定範囲合成」の機能も備えている。

レンズは12群14枚 LUMIX DC VARIO(非球面9面6枚)で、f=3.58-215mm(35mm 判換算: 20-1200mm)、F2.8-5.9。絞りは7枚羽根虹彩絞りで、ワイド端がF2.8-8.0、テレ端がF5.9-8.0となる。

外形寸法は約130.2W×94.3H×119.2Dmm(突起部を除く)、質量は約616g(バッテリー、メモリーカード含む)。

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドPANASONIC
  • 型番DC-FZ85
  • 発売日2017年3月10日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格47,000円前後)
SPEC】●有効画素数:1,810万画素 ●撮像素子:1/2.3型 高感度MOSセンサー、総画素数1,890万画素 ●ズーム:iAズーム…最大120倍、EX光学ズーム最大122倍 ●記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●外形寸法:約130.2W×94.3H×119.2Dmm(突起部含まず) ●質量:約572g(本体のみ)

関連記事