ビデオカメラは手ぶれ補正が大幅進化

<CES>“LUMIX史上最高感度” 「GH5S」登場、欧米で2月発売。新4Kビデオカメラも

編集部:風間雄介
2018年01月09日
パナソニックは、米ラスベガスで1月9日から開催される「2018 International CES」での、コンシューマー向け新製品の概要を発表した。

ミラーレス一眼カメラでは、“LUMIX”「DC-GH5S」を欧米で2月から導入開始する。

GH5S。ところどころに赤色があしらわれている

GH5Sは、新開発の「デュアルネイティブISOテクノロジー」を採用した、有効画素数10メガのイメージセンサ ーを搭載。これにより “LUMIX史上最高感度” を実現したとしており、暗部を美しく描写する。

また、DCIが定めた4,096×2,160のCinema4K/60p動画記録に、世界ではじめて対応。さらに4:2:2 10bitでのCinema4K/30p動画撮影にも対応するなど、GH5のプロ向け動画撮影機能をさらに進化させた。

さらに「人体認識機能」では、ディープラーニング技術を活用。後ろや横を向いた人物にもしっかりフォーカスを合わせ続けることができるという。

ビデオカメラも独自の新機能を多数搭載

またビデオカメラでは、4K撮影に対応しビューファインダーを搭載した「HC-WXF1」、4K対応でビューファインダー無しの「HC-VX1」、フルHDモデル「HC-V800」の3機種を発表。これらも欧米で今春発売予定だ。なお4K最上位機の、欧州モデルの型番は「HC-VXF1」となる。

これらの新モデルは、新開発した1/2.5インチ BSI MOSセンサーと、F1.8の新開発ライカディコマーレンズを組み合わせたことにより、低照度性能が大幅に向上した。

またレンズの構成は同社独自の「4ドライブレンズシステム」で、小型ボディで広角25mm、光学24倍ズームレンズを実現している。

手ぶれ補正は新開発の「Ball O.I.S.」を採用。細かな手ぶれまで高精度に補正する。さらに撮影する姿勢や条件、撮影者の特性によって補正方法を自動的に切り変える、適応型の手ぶれ補正機能「Adaptive O.I.S.」を新たに追加。ぶれが少なくクリアな映像の撮影が可能になったという。

関連記事