生活防水に対応

エレコム、2,000万画素センサーを2基搭載した4K・360度撮影対応VRカメラ「OMNI shot」

編集部:小澤貴信
2017年12月12日
エレコムは、2,000万画素のCMOSセンサーを2基搭載し、4K画質の360度イメージを撮影できるVRカメラ“OMNI shot(オムニショット)”「OCAM-VRW01BK」を12月下旬より発売する。価格は67,350円(税抜)。

“OMNI shot”「OCAM-VRW01BK」

OMNI shotは、2,000万画素のCMOSセンサーを2基を搭載し、水平方向・垂直方向の全方位360度の画像を撮影・記録できる4K対応VRカメラ。生活防水にも対応している。

4K(3840×1920)/30fps撮影に対応し、美しく滑らかな360度動画を撮影することができるとする。静止画の記録画素は24.5M相当(7,008×3,504)となる。また、WDR(ワイドダイナミックレンジ)撮影機能を搭載しており、黒つぶれや白とびを防止、美しく自然な色合いでの撮影が可能とのこと。

撮影画像は4つのビューモード(パノラマモード、ジャイロモード、スワイプモード、VRモード)に対応する。

「ちょっとした雨水や汗から保護する」というJIS防水保護等級4(IPX4)相当の防水性能も備える。

サイズは35.0W×34.8D×97.0Dmm、質量は約76gと、軽量かつコンパクトなことも特徴となる。本体にmicro SDカードスロットを備え、撮影した画像はmicro SDカードに保存することができる。SDカードは最大32GBまでに対応。充電時間は約2時間となる。

iOS/Android対応の専用アプリ「OMNI shot」(無料)を使用すれば、スマートフォンからさまざまな操作が可能。Wi-FiおよびBluetooth 4.0の無線機能に対応しており、スマートフォンと本製品をワイヤレスで接続することで、スマートフォンから撮影の開始/停止、撮影画像の確認などが行える。

撮影した画像はLINEやFacebookなどのSNSで共有できる。また、OMNI shotアプリを使うことで、YouTubeで360度動画のライブ配信が可能となる。

撮影モードは静止画/動画/タイムラプス/ライブストリーミングを用意。タイムラプス撮影は5秒/10秒/30秒/60秒から選択できる。

レンズ画角は190度×2、レンズ構成は6群7枚×2、レンズ焦点距離は1.4mm(35mm判換算14mm相当)、レンズF値はF2.0、撮影距離は10cm〜∞(レンズ先端より)となる。

露出補正は、オート+マニュアルの補正機能を搭載(-2.0EV〜2.0EV、1/3EVステップ)。ISO感度(標準出力感度)はオート/最大ISO3200、ホワイトバランスモードはオート/2000K〜7000Kとなる。

専用ポーチ、クリーニングクロス、USBケーブルが付属する。

関連記事