部屋着で添い寝、優しく起こしてくれる

アニメ「エロマンガ先生」のVRコンテンツ登場。ネットカフェ390店舗で体験可能

編集部:押野 由宇
2017年12月25日
テクノブラッドは、日本国内390店舗のインターネットカフェに設置されたVRコンテンツプラットフォーム「VIRTUAL GATE」において、アニメ「エロマンガ先生」のVR化コンテンツ『めざましVR!義妹と同居生活 -紗霧の部屋着編』を、12月26日17時より販売開始する。価格は500円(税込)。

VIRTUAL GATE版『めざましVR!義妹と同居生活 -紗霧の部屋着編』

VIRTUAL GATEとは、全国のネットカフェを中心として展開をしている施設設置型のVRコンテンツプラットフォーム。VR機器を持っていない、VR施設に行きづらいというユーザーでも近所のインターネットカフェでVRを楽しむ事ができるサービスとして展開されている。

VIRTUAL GATEのイメージ

『めざましVR!義妹と同居生活 -紗霧の部屋着編』は、日本アニメのデジタルグッズ販売と技術研究における専属チーム『Gugenka from CS-REPORTERS.INC』が制作したコンテンツ。

その内容は、「紗霧があなたとベッドで添寝して、起きたい時間に紗霧が優しくあなたを起こしてくれる」というもの。昼寝や仮眠といった短時間の睡眠を想定した新規ボイスが収録されている。

コンテンツ内ではアニメ作中の世界観を忠実に再現し、本当に紗霧の部屋にいるかのような体験が出来るとアピールされている。

アニメ作中の世界観を忠実に再現

さらに、VIRTUAL GATE限定内容として、アニメ本編のサービスカットをVRフィギュア化。 “紗霧の頭なでなでシーン” を体験可能なほか、1/1スケールのキャラクターを360度好きな角度から鑑賞できる。

紗霧の頭なでなでシーンも体験可能

また、キャンペーンとしてVIRTUAL GATE版『めざましVR!義妹と同居生活 -紗霧の部屋着編』の体験者全員に、この “頭なでなでシーン” が手に入るシリアルコードがプレゼントされる。コードを2018年冬発売予定のスマホアプリ版『めざましVR!義妹と同居生活 -紗霧の部屋着編』に入力することで、スマホアプリ版でも “紗霧を頭なでなで” が可能となる。

関連記事