2018年3月より試験営業を開始予定

世界初の「劇場上映VR映画」、VAIO/東映/クラフターが共同で事業化

編集部:小野佳希
2017年12月19日
VAIO(株)は、東映(株)、(株)クラフターと組み、VR(バーチャル・リアリティ)を映画館で鑑賞できる共同事業「VRCC(VR Cinematic Consortium)」を開始することで合意した。


2018年3月(予定)より試験営業を開始し、成果を見ながら恒常的な興行を目指す。試験営業で上映するコンテンツ等の具体的な内容については、2月にあらためてアナウンスするとしている。なお、映画館施設を用いた多人数同時鑑賞が可能な本格的VR映画の興行は世界初の試みだという。

本事業にあたっては、VAIOがハードウェアの調達・最適化およびソフトウェアとネットワークを含むシステム開発を担当。ワイヤレスで多人数が快適に同時視聴できるVR環境を構築する。なお同社は新規事業として「VRソリューション事業」に進出することを8月に発表していた(関連ニュース)。

東映は、シネコンにコンテンツを配給。「VRの常識を覆すハイグレードな体験を提供する」としている。

クラフターは、同社が持つ3DCGアニメーション制作力(※過去に「おそ松さんVR」なども手がけている)を活かしてコンテンツ制作を担当。期初コンテンツには、人気IPアニメや人気アーティスト映像等を想定しているという。

関連記事