”次世代フラグシップ機”なども登場

カメラ展示会「CP+」開幕 - 各社が新モデル参考展示や4Kデモ

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 次のページ

2014年02月13日
カメラの総合展示会「CP+」がパシフィコ横浜を会場に本日より開幕した。会期は2月16日(日)まで。会場では各社が発表したばかりの新製品をさっそく試せるようにしていたり開発中のモデルを参考展示しているほか、昨年に引き続いて4K関連の展示も複数見られた。


■順調に広がる4Kの波

純粋なカメラファンだけでなくオーディオビジュアルファンにとっても大きな関心事であろう4Kでは、昨年に引き続き各社が製品の展示やデモを披露。

パナソニックは、先日にその存在を明らかにした(関連ニュース)、世界で初めて4K動画撮影に対応したミラーレス一眼カメラ「LUMIX DMC-GH4」を大きくフィーチャー。4K対応の20型タブレット“TOUGHPAD”をモニターにしての展示などを行い、展示コーナーには多くの来場者が詰めかけていた。

GH4による4K展示コーナー

GH4


4K VIERAを使っての写真展示も

TOUGHPAD

ソニーでは、本日発表された「α6000」(関連ニュース)を始めとする製品群に加え、4Kハンディカムも展示。さらに、4K BRAVIAで4K静止画を表示させる「4Kフォトミュージアム」も展開している。

α6000

AX100は分解モデルも展示


4K BRAVIAによるフォトミュージアムも

リコーイメージングのブースでは、「K3」と東芝のノートPC「Dynabook KIRA」、そして4K対応REGZA「65Z8X」とを組み合わせ、K3で撮影した4Kインターバル動画を再生するというデモも実施。なお、Dynabook KIRAはWQHDパネルやレゾリューション+を搭載するなどで写真撮影後のチェックや加工に適したモデルだとして同機を多数並べてのデモも披露されている。

Dynabook KIRA

K3でのインターバル4K動画を4K REGZAで再生


リコーイメージングの加納雅記氏もカメラとPCとの関係性がますます重要になっており、Dynabook KIRAの性能を評価しているとコメント

モニター関連では、NECディスプレイソリューションが84型と32型の4K対応液晶モニターを参考展示。5月に発売を控える24型の“MultiSync”「LCD-EA244UHD」とともに展示している。どちらもまだ詳細は未定だが「32型を2014年度の下期には投入したいと思っている」(同社スタッフ)とのことだった。

32型モデル

84型モデル

また、メモリーカードでも4K関連展示が見られ、SDアソシエーションはUHSスピードクラス3が4K動画時代に対応するものであることをアピールするコーナーを展開。CompactFlashアソシエーションも、ソニーの4Kハンディカム「FDR-AX100」とXQDカードを展示するなどしている。

「FDR-AX100」とXQDカード

UHSスピードクラス3対応のSDカードを展示


フジフイルムブースでもX-T1の写真を4K AQUOSを通して展示

■ニコン「D4S」やペンタックス「645D 2014」など注目機の参考展示も多数

ニコンイメージングジャパンは、“次世代フラグシップモデル”として「D4S」の存在を明らかにした。モックとパネル展示のみでハンドリングなどはできなかったが、新画像処理エンジンの搭載によってD4よりも高画質化AF性能の向上を実現させるという。

D4S

「dp1/2/3」に「Quattro」/新アクションカメラなども

前のページ 1 2 次のページ

関連リンク

関連記事