「NEX-7の高画質とNEX-6の機動力を統合」

ソニー、新センサーとBIONZ Xで高画質化/AF高速化したミラーレス一眼「α6000」

ファイル・ウェブ編集部
2014年02月13日
ソニーは、新開発のExmorセンサーと画像処理エンジンBIONZ Xによってオートフォーカスの高速化などを実現したミラーレス一眼カメラ「α6000」を3月14日より発売する。

α6000

・ボディ単体
ILCE-6000 ¥OPEN(予想実売価格68,000円前後)
・パワーズームレンズキット(PZ16-50mmレンズ)
ILCE-6000L ¥OPEN(予想実売価格83,000円前後)
・ダブルズームレンズキット(PZ16-50mm + 55-210mmレンズ)
ILCE-6000Y ¥OPEN(予想実売価格108,000円前後)

Eマウント採用のミラーレス一眼カメラ新モデルで、60pおよび24pのフルHD動画撮影にも対応。NEXシリーズでのNEX-7での高画質とNEX-6での機動力を統合させたような中級機という位置付けだという。カラーはブラックとシルバーの2色。レンズキットのレンズもブラックとシルバーの2色を用意し、本体色に合わせたカラーのレンズが同梱される。

α6000(ブラック)

α6000(シルバー)

新開発の有効2,430万画素Exmor APS HD CMOSセンサーを搭載。隣接画素間のギャップをなくすオンチップレンズ構造に加え、オンチップレンズの位置を光の入射角に合わせて最適化する「ギャップレスオンチップ構造」の採用により、集光効率を高め、画面の隅々まで高画質化を実現したという。同構造の新採用により、画素数自体は同じNEX-7よりも高画質化させている。

液晶モニター/操作ボタン類

画像処理エンジンには、フルサイズセンサー搭載の上級機「α7/α7R」で採用されたBIONZ Xを搭載。デジタル特有の輪郭強調を極限まで抑えるという「ディテールリプロダクション技術」、絞りに応じた最適なフィルター処理を適用することで、ボケたり滲んでしまったりした点像を復元する「回折低減処理」、被写体を分析してノイズを低減する「エリア分割ノイズリダクション」を搭載している。

天面の様子

オートフォーカスの「ファストハイブリッドAF」も進化し、APS-Cセンサー搭載デジタル一眼カメラとして最速のAF 0.06秒を実現。像面位相差AFセンサーもNEX-6での99点から本機では179点に増やしたほか、AF追随連写も秒間10コマから11コマへと進化した。さらに、ファストハイブリッドAVが動画にも対応した。

横から見たところ

さらに、AF機能ではAF-A(AFサーボモード自動切り換え)も新搭載。シングルAF(AF-S)とコンティニュアスAF(AF-C)をカメラが自動切り替えする。そのほか、ロックオンAFや瞳AF、AFエリア設定にも対応している。

Wi-FiとNFCにも対応し、「PlayMemories Camera Apps」に新対応。レンズ交換式のαシリーズの一部機種と同様に、アプリをインストールすることで後から新たな機能を追加できる。

なお、PlayMemories Camera Appsでは3月27日以降に順次配信を予定している新アプリ「スムースリフレクション」「ライブビューグレーディング」「スタートレイル」にも対応。

スムースリフレクションは、写真を連写して1枚に重ね合わせることでNDフィルターを使ったかのような効果が得られるというもので、ライブビューグレーディングはカメラ内でカラーグレーディング処理を可能にするアプリ。スタートレイルでは星野光の軌跡を動画で残せるというもので、インターバル撮影した写真をPCで編集するという手間を省略できる。

NFCではPlayMemories Mobileアプリをインストールしたスマートフォンにワンタッチで画像を転送できる「ワンタッチシェアリング」や、スマートリモコン機能をワンタッチで呼び出せる「ワンタッチリモート」を利用できる。

液晶モニターは3.0型で、明るい場所でも見やすいというWhiteMagicディスプレイを採用。チルトにも対応し、下に45度、上方向に90度まで可動する。また、有機ELのファインダーやガイドナンバー6のフラッシュも搭載するほか、モードダイヤルなども備えている。なお、アクセサリーシューにはマルチインターフェースシューを採用し、ハンディカムなどと共通のアクセサリーを使用することもできる。

モニターはチルト対応

フラッシュも内蔵

機能面ではそのほかトリルミナスカラーや4K静止画出力にも対応。HDMIクリア出力やゼブラ表示機能にも新たに対応したほか、PCリモートにも対応する。加えて、オートフレーミングにも対応している。

モードダイヤルなども装備

本体の外形寸法は120.0W×66.9H×45.1Dmmで、質量は285g。撥水素材と止水ファスナーを採用したアクティブスリングバッグ「LCS-ASB1」やボディケース「LCS-EBC」などのアクセサリー類も別売で用意している。

LCS-EBCの使用イメージ

なお、発売を記念しての期間限定キャンペーンも実施。5月31日までに製品登録の上で応募したユーザーに、ブロワーやブラシ、クリーニングクロス、ポーチがセットになったカメラメンテナンスキットをプレゼントする。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドSONY
  • 型番ILCE-6000
  • 発売日2014年3月14日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格68,000円前後)
【SPEC】●撮影素子:Exmor APS HD CMOSセンサー ●有効画素数:約2430万画素 ●記録媒体:メモリースティックPRO デュオ/PRO-HG デュオ/XC-HG デュオ、SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●液晶モニター:3.0型ワイドTFT駆動 約92万ドット ●外形寸法:約120.0W×66.9H×45.1Dmm ●質量:約344g(バッテリー、メモリースティック PRO デュオ含む)
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドSONY
  • 型番ILCE-6000L
  • 発売日2014年3月14日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格83,000円前後)
【SPEC】●撮影素子:Exmor APS HD CMOSセンサー ●有効画素数:約2430万画素 ●記録媒体:メモリースティックPRO デュオ/PRO-HG デュオ/XC-HG デュオ、SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●液晶モニター:3.0型ワイドTFT駆動 約92万ドット ●外形寸法:約120.0W×66.9H×45.1Dmm ●質量:約344g(バッテリー、メモリースティック PRO デュオ含む)
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドSONY
  • 型番ILCE-6000Y
  • 発売日2014年3月14日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格108,000円前後)
【SPEC】●撮影素子:Exmor APS HD CMOSセンサー ●有効画素数:約2430万画素 ●記録媒体:メモリースティックPRO デュオ/PRO-HG デュオ/XC-HG デュオ、SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●液晶モニター:3.0型ワイドTFT駆動 約92万ドット ●外形寸法:約120.0W×66.9H×45.1Dmm ●質量:約344g(バッテリー、メモリースティック PRO デュオ含む)

関連記事