ISO感度上限値の拡大やアプリのアップデートも

ソニー、レンズ型デジカメ「DSC-QX100/QX10」アップデートでフルHD動画撮影対応に

ファイル・ウェブ編集部
2013年12月19日
ソニーは、レンズスタイルのデジタルカメラ、“サイバーショット”「DSC-QX100」「DSC-QX10」(レビュー記事)のアップデートを実施。フルHD動画撮影への対応やISO感度上限値の拡大などの機能追加を1月下旬に行う。また、アプリ「PlayMemories Mobile」もアップデートし、本日より配布を開始した。

DSC-QX100

アップデートによって、現在は1,440×1,080/30fpsまでの対応である動画撮影において、1,920×1,080/30fps撮影に対応。静止画撮影においては、「ISO感度上限値の変更」「ISO感度のマニュアル設定追加」「シャッタースピード優先モード追加(QX100のみ)」という機能追加が行われる。

ISO感度上限値は、QX100が現在の3200から12800に、QX10は1600から3200へと変更される。また、これまでISO感度設定はオートのみだったが、上記のように新たにマニュアル設定も追加される。

さらに、QX100は撮影モードに「シャッタースピード優先」を新たに追加。30〜1/2000秒の間で選択できるようになる。また、シャッタースピード優先時でも上記のISO感度設定も可能。

Android/iOS対応Wi-Fiカメラ用アプリ「PlayMemories Mobile」はver.4.0にアップデート。クイックビュアー機能を追加した。これにより、撮影した画像を確認するたびにWi-Fi接続を切断して外部アプリを起動する必要がなく、アプリ上でシームレスに撮影モードと再生モードを行き来することが可能になる。

関連リンク

関連記事