Eマウントの呼称も“α”に統一

ソニー、フルサイズセンサー搭載のミラーレス一眼“α7” ― ローパスレスの“α7R”も

  • Twitter
  • FaceBook
ファイル・ウェブ編集部
2013年10月16日
ソニーは、35mmフルサイズ“Exmor”CMOSセンサーを搭載し、Eマウントを採用したミラーレス一眼カメラ“α7”と“α7R”を11月15日より発売する。ボディ単体価格はともにオープンだが“α7”が15万円前後、“α7R”が22万円前後での実売が予想される。また、“α7”は標準ズームレンズ「SEL2870」とセットにしたズームレンズキットも用意しており、こちらは18万円前後での実売が予想される。

α7R(左)とα7(右)。外観は基本的に同一

“α7”は有効2,430万画素で「ファストハイブリッドAF」を搭載するモデル。“α7R”は有効3,640万画素でローパスフィルターレス仕様のモデル。ただし“α7”が搭載する「ファストハイブリッド」を“α7R”は搭載していない。

α7

α7R

なお、同社では今後、デジタル一眼カメラはAマウント、Eマウントのミラーレス機とも“α”ブランドに統一。レンズ交換式カメラ全体として訴求していく。Eマウント機の型番にこれまで使用していた“NEX”も取りやめ、Eマウントは「ILCE-**」という型番を使用していく。

α7の実機

■フルサイズセンサーとは新世代“BIONZ X”を搭載したミラーレス一眼

両機ともにフルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラ。画像処理エンジンには新世代の“BIONZ X”を搭載し、両者によって解像感をより高めている。

APS-Cサイズセンサー(右)とのサイズ比較

BIONZ X

“BIONZ X”では、デジタル特有の輪郭強調を極限まで抑えるという「ディテールリプロダクション技術」、そして絞りに応じた最適なフィルター処理を適用することで、ボケたり滲んでしまったりした点像を復元する「回折低減処理」を新搭載している。

本体上部

側面端子部

さらに、エリア分割リダクション技術もアルゴリズムを最適化。ディテールリプロダクションとの相乗効果によって高感度時でも解像感を高めながらノイズを抑え、クリアで抜けのよい高感度画質を実現するとしている。

また、「ファストインテリジェントAF」も新搭載。新開発の「空間被写体検出」AFアルゴリズムと、イメージセンサーの読み出し速度最適化によって、フルサイズセンサー搭載でありながら超高速AFを実現したという。

顔検出をさらに進化させた「瞳AF」や「ロックオンAF」も搭載。AFエリア設定においても、フレキシブルスポット枠サイズを3段階に変更できるようになった。

液晶モニターは3.0型で下方向に45度、上方向に90度のチルトが可能。光学ファインダーにはXGA OLED Tru-Finderを搭載しており、有機ELデバイスの進化によってコントラストがα99比で約3倍に向上するなどしている。

チルト液晶を搭載

そのほかボディには高剛性マグネシウム合金を使い、防塵防滴に配慮した設計も採用。アンチダスト気候も搭載している。

α7のカットモデル

■60p動画撮影やWi-Fi/NFC対応 − PlayMemories Camera Appsも利用可能

加えて、両機ともフルHD動画撮影にも対応。60pおよび24pでの記録モードに対応している。また、ヘッドホンジャックを備えXLRアダプターにも搭載し、音声レベルメーターも備えている。さらに、OSDを表示させずに外部モニターなどへ出力できる「HDMIクリア出力」にも新たに対応した。

XLRマイクの装着などで高音質での動画撮影にも対応

そしてWi-Fiも搭載しPlayMemories Camera Appsが利用可能。まずはスマートフォンをリモコンとして利用できる「スマートリモコン」と、カメラから直接SNSに写真をアップロードできる「ダイレクトアップロード」に対応し、そのほかのPlayMemories Camera Appsについても順次対応していく。

Wi-Fi機能はもちろん他機器連携にも対応。NFCも新たに搭載しており、Wi-Fi接続をより簡単に行えるようにしている。

4K静止画出力機能も新たに装備。カメラから直接4Kテレビへと静止画を出力して楽しめる。同機能はHDMI接続とWi-Fiの両方に対応している。

そのほかトリルミナスカラーやオートフレーミング、マルチショットノイズリダクションなどにも対応。13種類のピクチャーエフェクトなども搭載している。

■「ファストハイブリッドAF」搭載のα7、ローパスレスのα7R

“α7”は、前出のように有効2,430万画素のフルサイズCMOSと「ファストハイブリッドAF」を搭載するモデル。広いコントラストAF範囲に加えて、位相差AF検出方式測距点を高密度に117度配置したことで、被写体補足性能を高めた。

本体底面

また、AF追従5コマ/秒連写にも対応。速度優先連続撮影時にAF通中したまま5コマ/秒の高速連写とAF精度もアップさせているいる。

一方の“α7R”は、有効3,640万画素で、光学ローパスフィルターレス。また、隣接画素間のギャップをなくすギャップレスオンチップ構造に加え、オンチップレンズの位置を光の入射角に合わせて最適化。集光効率を高め、画面の隅々まで高画質を実現したとしている。

ボディ単体での質量は“α7”が416gで、“α7R”が407g。“α7R”はフルサイズセンター搭載レンズ交換式一眼カメラとして世界最小・最軽量を実現した。

■レンズや各種アクセサリーも用意

35mmフルサイズ対応Eマウントレンズとして、カールツァイス標準ズームレンズ「SEL2470Z(Vario-Tessar T* FE 24070mm F4 ZA OSS)」(132,300円)と、ゾナーT*広角単焦点レンズ「SEL35F28Z(Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA)」(88,200円)などを発売する。

レンズキットに同梱される「SEL2870(FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS)」も61,950円で単品販売するほか、広角単焦点「SEL55F18Z(Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA)」(103,950円)や、望遠レンズ「SEL70200G(FE 70-200mm F4 G OSS)」も発売する。

また、Aマウントではズームレンズ「SAL70200G」をリニューアルした「SAL70200G2(70-200mm F2.8 G SSM II)」(362,250円)も発売。

さらに、従来機「LA-EA2」を35mmフルサイズ対応にしたマウントアダプター「LA-EA4」も36,750円で同時発売。「NEX-VG900」に同梱していたマウントアダプターも「LA-EA3」という型番で21,000円での単品販売を行うほか、縦位置グリップ「VG-C1EM」(31,500円)や、ジャケットケース「LCS-ELCA」(14,700円)などのアクセサリーも用意している。

なお、α7/7Rで従来の35mmフルサイズ対応でないEマウントレンズを使用する際にはクロップ撮影になる。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドSONY
  • 型番ILCE-a7
  • 発売日2013年11月8日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格150,000円前後)
【SPEC】●撮影素子:35mmフルサイズ(35.8mm×23.9mm)、Exmor CMOSイメージセンサー ●有効画素数:約2430万画素 ●記録媒体:メモリースティック PROデュオ/PRO-HGデュオ/XC-HGデュオ、SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●液晶モニター:3.0型ワイド TFT駆動、921,600ドット ●外形寸法:約126.9W×94.4H×48.2Dmm ●質量:約416g(本体のみ)
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドSONY
  • 型番ILCE-A7R
  • 発売日2013年11月8日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格220,000円前後)
【SPEC】●撮影素子:35mmフルサイズ(35.9mm×24mm)、Exmor CMOSイメージセンサー ●有効画素数:約3640万画素 ●記録媒体:メモリースティック PROデュオ/PRO-HGデュオ/XC-HGデュオ、SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●液晶モニター:3.0型ワイド TFT駆動、921,600ドット ●外形寸法:約126.9W×94.4H×48.2Dmm ●質量:約407g(本体のみ)

関連記事