スタンダード防水モデル「WG-20」も

リコー、水深14m対応の最上位防水コンデジ「WG-4/WG-4 GPS」

ファイル・ウェブ編集部
2014年02月06日
リコーイメージング(株)は、水中撮影可能な防水コンパクトデジタルカメラ3機種を2月下旬から順次発売する。ラインナップの詳細は以下の通り。

・「RICOH WG-4」¥OPEN(予想実売価格3万円台前半)3月中旬発売
・「RICOH WG-4 GPS」¥OPEN(予想実売価格3万円台後半)3月中旬発売

RICOH WG-4/RICOH WG-4 GP

2機種とも、水深14mで連続2時間の水中撮影が行えるIPX8相当の防水性能を搭載。そのほか、高さ2mからの耐落下衝撃性能、IP6X相当の防塵性能、マイナス10度の耐寒性能、100kgfまでの重さに耐える耐荷重構造を備えており、アウトドア環境下での本格使用に耐えるハイエンドモデルとしてラインナップする。

有効画素数約1,600万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサーを搭載。ISO感度は最大6400。レンズは7群9枚(非球面レンズ4枚使用)のRICOHレンズを採用する。焦点距離4.5〜18mm(35ミリ判換算で約25〜100mm相当)の光学4倍ズームに対応しており、F値はF2.0(W)〜F4.9(T)。さらに、AFアルゴリズムの改良によりマクロ撮影時のピント合わせを高速化し、接写撮影時の使いやすさを向上させた。

手ぶれ補正機能は、センサーシフト方式の「SR」と、電子式の両方を使用してより効果的に手ぶれを軽減する「デュアル手ぶれ補正」を搭載する。記録媒体はSD/SDHC/SDXCカードに対応。

なお、水中で撮影した画像データを元に「マーメード」「マーメードムービー」モードで色再現やコントラストなどの画像処理を最適化し、水中で失われがちな赤系の色を美しく再現する機能も備えている。水中での光の拡散によるコントラスト低下も効果的に補正する。

さらに、WGシリーズとしては初搭載となる「シャッター優先」モードや「USER」モードなど、全29種類の撮影モードを搭載。加えて、16種類の撮影シーンをカメラが自動選択する「オートピクチャー」機能も備えている。レンズの周りには近距離用のLED補助光を6基配置しており、被写体を拡大して撮影可能な「デジタル顕微鏡」モード使用時には均一で明るい照明を点灯させることができる。

動画の記録形式はH.264で、最大1,920×1,080/30fps撮影に対応する。また、動画をスロー再生できる「ハイスピードカメラ」撮影や、「早送り動画」撮影などにも対応。なお、本体には映像/音声出力用のマイクロHDMI端子を備えている。

液晶モニターは、約46万ドットの高精細な3.0型液晶を搭載。外光の反射を抑えて映り込みを軽減するARコートを施している。視野角は上下/左右とも170度。

WG-4 GPSのみGPSユニットを内蔵しており、撮影した画像への位置情報記録や移動時のログを記録できるほか、気圧・高度/水深計、電子コンパスなど、アウトドア使用時に便利な機能を備えている。

本体サイズは約125W×64.5H×32Dmm(操作部材、突起部を除く)で、質量はWG-4が約229g、WG-4 GPSが約236g(いずれも電池、SDメモリーカード含む)。


・「RICOH WG-20」¥OPEN(予想実売価格2万円台前半)2月下旬発売

RICOH WG-20

本体サイズ約115.5W×58.5H×28.5Dmm(操作部材、突起部を除く)、質量約164g(電池、SDメモリーカード含む)のコンパクトなボディに、水深10mで連続2時間の水中撮影が行えるIPX8相当の防水性能を搭載するアウトドア用のスタンダードモデル。

加えて、1.5mの耐落下衝撃性能、IP6X相当の防塵性能、マイナス10度の耐寒性能、100kgfまでの重さに耐える耐荷重構造も備えている。

有効画素数約1,400万画素の1/2.3型CCDセンサーを搭載。ISO感度は最大6400。レンズは9群11枚(非球面レンズ5枚使用)のRICOHレンズを採用する。焦点距離5〜25mm(35ミリ判換算で約28〜140mm相当)の光学5倍ズームに対応している。撮影した画像に細かな部分処理を施して最適化する“超解像”技術を応用した画像処理機能を搭載する。

被写体を拡大し、肉眼では気付かないミクロの世界を液晶モニターで観察/撮影できる「デジタル顕微鏡」モードも搭載。レンズの円周上には5基のLRD補助光を配置しており、マクロ撮影時に均一で明るい照明が可能となる。また、撮影の瞬間に各LEDの光量をアップし、より高速なシャッタースピードで手ぶれや被写体ぶれを抑えて撮影できる「瞬間輝度アップ」機能にも対応する。被写体との最短撮影距離(1cm)を保持しながら長時間の観察が可能な「マクロスタンド」も同梱する。

動画は1,280×720/30fps撮影に対応。撮影した動画データから静止画を抽出したり、最初と最後にタイトル画像の追加を行える動画編集機能も搭載する。また、本体には映像/音声出力用のHDMIマイクロ端子(Type D)を備えている。

液晶モニターは、約23万ドットの高精細な2.7型液晶を搭載。外光の反射を抑えて映り込みを軽減するARコートを施している。

【問い合わせ先】
リコーイメージング お客様相談センター
TEL/0570-001313
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドRICOH
  • 型番RICOH WG-4
  • 発売日2014年3月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格30,000円台前半)
【SPEC】●有効画素数:約1600万画素 ●撮影素子:1/2.3型CMOS ●記録媒体:内蔵メモリー(約70MB)、SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●ズーム:光学4倍、デジタル約7.2倍 ●液晶モニター:3.0型ワイド、約46万ドットLCD ●外形寸法:約125W×64.5H×32Dmm(突起部覗く) ●質量:約229g(電池、SDメモリーカード含む)
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドRICOH
  • 型番RICOH WG-4 GPS
  • 発売日2014年3月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格30,000円台後半)
【SPEC】●有効画素数:約1600万画素 ●撮影素子:1/2.3型CMOS ●記録媒体:内蔵メモリー(約70MB)、SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●ズーム:光学4倍、デジタル約7.2倍 ●液晶モニター:3.0型ワイド、約46万ドットLCD ●外形寸法:約125W×64.5H×32Dmm(突起部覗く) ●質量:約236g(電池、SDメモリーカード含む)
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドRICOH
  • 型番RICOH WG-20
  • 発売日2014年2月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格20,000円台前半)
【SPEC】●有効画素数:約1400万画素 ●撮影素子:1/2.3型CCD ●記録媒体:内蔵メモリー(約97MB)、SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●ズーム:光学5倍、デジタル約6.7倍 ●液晶モニター:2.7型ワイド、約23万ドットLCD ●外形寸法:約115.5W×58.5H×28.5Dmm(突起部覗く) ●質量:約164g(電池、SDメモリーカード含む)

関連記事