WX60とW730

ソニー、光学8倍“Cyber-shot”にExmor-R機とCCD機の2モデル

ファイル・ウェブ編集部
2013年01月16日
ソニーは、Wi-Fiによるスマホ連携モデルや防水モデルなど、コンパクトデジタルカメラ“Cyber-shot”の新モデル4機種を1月25日より発売する。ラインナップと価格は下記の通り。本項で“Exmor R”搭載の8倍ズーム機「DSC-WX60」と、CCDセンサー採用のシンプルモデル「DSC-W730」について紹介する。

・DSC-WX60(Exmor R/光学8倍ズーム) ¥OPEN(予想実売価格23,000円前後)
・DSC-W730(CCD/光学8倍ズーム) ¥OPEN(予想実売価格18,000円前後)
・DSC-WX200(Wi-Fi内蔵) ¥OPEN(予想実売価格28,000円前後)
・DSC-TF1(防水・耐衝撃) ¥OPEN(予想実売価格20,000円前後)

■DSC-WX60

1620万画素の裏面照射型センサー“Exmor R”を搭載したモデル。光学8倍ズーム(35mm換算で25mm〜200mm)と16倍の全画素超解像ズーム、およびフルHD動画撮影に対応している。液晶モニターは2.7型。ホワイト/ブラック/ピンクの3色で展開する。

DSC-WX60

液晶モニター面

上位機「DSC-WX200」同様に「プレミアムおまかせオート」機能が向上。2012年モデルでは11種類のシーンに「オート」「三脚」「動き」という3種類のコンディションを掛け合わせた計33パターンだったところを、コンディションの「動き」を「動き(明るい)」「動き(暗い)」へと細分化。11種類のシーンと4種類のコンディションを掛け合わせた計44パターンへと増加させ、被写体ブレにより強くした。

また、フラッシュ撮影時にカメラが自動でISO感度を最適にする「アドバンスフラッシュ」モードを搭載。ノイズ感と解像感のバランスを画像の領域ごとに最適化する独自ノイズ低減処理「アダプティブノイズリダクション」も引き続き搭載している。

そのほか、1色だけカラーを残した白黒写真を撮ることなどができる「ピクチャーエフェクト」機能が進化。新たに、パノラマ写真や動画に対しても同機能を使えるようになった。パノラマ画像に対してはパートカラー/ポップカラー/ソフトハイキーの3種類の効果を、動画に対してはパートカラー/ポップカラー/ソフトハイキー/トイカメラの4種類の効果を選択できる。

また、カメラをスイングすることでパノラマ写真を撮影できる「スイングパノラマ」機能も進化。ぐるっと360度を11,520×1,080ピクセルで収める「360スイングパノラマ」を搭載した。動きや動体検出機能により、撮影中に人が動いてもカメラが自動処理するという。

人物の肌の色などを調整できる「ビューティーエフェクト」も新搭載。肌の色調整、なめらか肌、デカ眼、歯のホワイトニング、テカリ除去という5種類の効果を備え、それぞれ5段階でエフェクトのレベルを調整できる。

■DSC-W730

1610万画素のCCDセンサー搭載モデル。光学ズーム倍率は8倍(35mm換算で25mm〜200mm)で、全画素超解像は非搭載。ブルー/ピンク/シルバーの3色で展開する。液晶モニターは2.7型。動画撮影機能は720pまでの対応となる。

DSC-W730

液晶モニター面

新モデルの他機種と同様に「360スイングパノラマ」や「ビューティーエフェクト」および「アドバンスフラッシュ」機能を搭載。「ピクチャーエフェクト」機能も強化している。
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドSONY
  • 型番DSC-WX60
  • 発売日2013年1月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格23,000円前後)
【SPEC】●撮像素子:約1620万画素 1/2.3型 "Exmor R" CMOSセンサー ●光学ズーム:8倍 ●液晶モニター:2.7型 ●外形寸法:92.3Wx52.5Hx22.5Dmm ●質量:約108g(本体のみ)
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドSONY
  • 型番DSC-W730
  • 発売日2013年1月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格18,000円前後)
【SPEC】●撮像素子:約1610万画素 1/2.3型 ソニーSuper HAD CCD ●光学ズーム:8倍 ●液晶モニター:2.7型 ●外形寸法:93.1Wx52.3Hx22.5Dmm ●質量:約106g(本体のみ)

関連記事