専用設計のNIKKORレンズ搭載

ニコン、ニコンDXフォーマットCMOSコンデジ「COOLPIX A」

ファイル・ウェブ編集部
2013年03月05日
(株)ニコンイメージングジャパンは、コンパクトデジタルカメラ“COOLPIX”シリーズ初のニコンDXフォーマットCMOSセンサーを搭載するモデル「COOLPIX A」を3月下旬に発売する。価格はオープンだが、12万円前後での実売が予想される。本体カラーはブラックとシルバーをラインナップする。

COOLPIX A(シルバー)

COOLPIX A(ブラック)

上述の通り、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラと同等の画質、階調表現や色再現性を実現する23.6×15.6mmサイズのDXフォーマットCMOSセンサーを搭載。さらに、ニコンが培ったノウハウ、テクノロジーを包括して開発されたという画像処理エンジン「EXPEED 2」を備えている。有効画素数は1,616万画素。

レンズは、本機用に最適化した専用設計のニコン新開発広角単焦点NIKKORレンズを搭載する。焦点距離は18.5mmで、開放F値は2.8。レンズ構成は5群7枚。コンパクトデジタルカメラの機動性を活かしながら、レンズ性能を最大限引き出す光学設計を投入したというもので、諸収差を効果的に低減し、絞り開放から画面全体にわたって高い描写性能を狙った。ISO感度は100〜6400まで対応し、ISO25600相当(Hi2)までの増感設定もできる。

14bit圧縮RAW(NEF形式)による撮影・現像にも対応しているほか、ユーザーの創作意図に合わせたピント設定が可能なマニュアルフォーカスリングも搭載。オートフォーカス中でもシャッターボタンを半押ししたままフォーカスリングを回せば、すぐにマニュアル操作に移行できる「マニュアル優先オートフォーカス」機能も備えている。1,920×1,080/30pのフルHD動画撮影にも対応。動画編集も行える。

そのほか、本体には約92万ドットの広視野角3型TFT 液晶モニターを搭載。反射防止コート、9段階の輝度調節機能に対応する。記録メディアはSD/SDHC/SDXCカードをサポート。

本体サイズは約111.0W×64.3H×40.3Dmm(突起部除く)で、質量は約299g。上面トップカバーには耐久性に配慮しマグネシウム合金を使用。さらにグリップ部はレザー調で、ダイヤルは金属削り出しとするなど、細部までこだわったデザインを採用している。

そのほかにも、本機専用アクセサリーとして、光学ファインダー「DF-CP1」や、レンズフードおよびフィルターの装着を可能にするアダプターリング「UR-E24」と金属のレンズフード「HN-CP18」をラインナップしている。

DF-CP1

UR-E24とHN-CP18のセット

価格は、DF-CP1が44,100円(税込)で、UR-E24とHN-CP18のセットが10,500円(税込)。いずれもCOOLPIX Aと同じくブラックとシルバーの2色をラインナップし、3月下旬の発売を予定している。


【問い合わせ先】
ニコンカスタマーサポートセンター
TEL/0570-02-8000

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドNIKON
  • 型番COOLPIX A
  • 発売日2013年3月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格120,000円前後)
【SPEC】 ●有効画素数:1,610万画素 ●焦点距離:18.5mm ●開放F値:2.8 ●レンズ構成:5群7枚 ●液晶モニター:約92万ドット 広視野角3型TFT液晶 ●対応記録メディア:SD/SDHC/SDXCカード ●外形寸法:約111.0W×64.3H×40.3Dmm(突起部除く) ●質量:約299g

関連記事