新フラグシップ「P7700」など/発表会レポートも

ニコン、Android搭載機「S800c」などコンデジ「COOLPIX」4機種を発売【更新】

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 次のページ

2012年08月22日
(株)ニコンイメージングジャパンは、コンパクトデジカメ「COOLPIX」4機種を発表。9月下旬から発売する。価格はすべてオープン。



■COOLPIX S800c ¥OPEN(予想実売価格48,000円前後)

「COOLPIX S800c」はCOOLPIXシリーズの新ラインナップで、Androidを搭載し、スマートフォンのような操作感を実現したことが大きな特徴。Google Playからアプリをダウンロードすることもできる。Android 2.3.3を採用しており、「現時点ではICSなどAndroidのバージョンアップは考えていない」という。

液晶モニター面の様子。ハードウェアボタンとしてホームボタンやバックボタンを装備

COOLPIX S800c

さらにWi-Fi機能も内蔵し、ワンボタンで設定できるWPS 2.0にも対応している。Wi-Fiからインターネットに接続し、撮影画像をTwitterやFacebook、Google+などのSNSにアップロードが可能だ。Jpegに対応しているSNSであれば画像閲覧用の「再生」アプリから直接アップロードすることもできる。

ホーム画面。基本的に撮影はカメラアプリを起動してから行うことになる

「再生」アプリでの一覧画面。ピンチイン、ピンチアウトで画像表示枚数を変更可能


モバイルルーターやテザリングの利用で屋外などでも利用可能

S800cの撮像素子は1602万画素の裏面照射型CMOSセンサーで、レンズは光学10倍ズーム(35mm換算で25mm〜250mm相当)のNIKKORレンズ。レンズシフト方式手ブレ補正機能も備えている。

S800cの概要

SNSなどへ写真をかんたんにアップロードできる

フルHD動画の撮影にも対応。動画はステレオ音声収録で、1/2、1/4、1/8の独度でのスローモーション動画撮影、および2倍の速度での早送り動画撮影にも対応している。

「COOLPIX S800c」

タッチパネル式のワイド有機ELモニターを搭載

写真データ保存用に1.7GBの内蔵メモリーと、Androidアプリ用に680MBの内蔵メモリーを搭載。記録媒体はSD/SDHCカードに対応している。

GPS機能も搭載し、位置情報を写真や動画に記録することが可能。ディスプレイは約82万ドットの、タッチパネル式ワイド有機ELモニター。

本体色はミラーシルバー、ホワイト、レッド、ブラック、ピンク。

スマートフォン/タブレットとの連携用に「スマートデバイスへ転送」アプリをプリインストール。Android/iOSの両端末に向けても対応アプリを本機発売と同時に提供予定で、両アプリを連携させることで、撮影した画像や動画をスマホ/タブレットへワイヤレスで簡単に送信できるようになる。

「スマートデバイスへ転送」アプリの画面

そのほかGoogle+、YouTube、Googleマップ、GmailなどのGoogleアプリをプリインストール。Googleによるミュージックアプリも搭載している。

ミュージックアプリなどもプリインストール

名刺より小さい「S01」や新フラグシップ「P7700」

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事