ネットからのアプリDLで機能を追加可能

ソニー、タッチ操作対応の新ミラーレス「NEX-5R」 − 「PlayMemories Camera Apps」対応

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 次のページ

2012年10月30日
ソニーは、デジタル一眼カメラ“αシリーズ”として初めてWi-Fiに対応し、インターネットからアプリをダウンロードして後から機能を追加できる「PlayMemories Camera Apps」に対応したミラーレス一眼カメラ「NEX-6」と「NEX-5R」を11月16日より発売する。本項ではタッチパネル操作に対応した「NEX-5R」について紹介する。

・NEX-5RY(ダブルズームレンズキット)¥OPEN(予想実売価格120,000円前後)
・NEX-5RL(パワーズームレンズキット)¥OPEN(予想実売価格95,000円前後)
・NEX-5R(ボディ単体)¥OPEN(予想実売価格80,000円前後)

NEX-5R

■新方式AF「ファストハイブリッドAF」採用

有効1,610万画素の“Exmor” APS HD CMOSセンサーを搭載。本機「NEX-5R」はタッチパネルによるシャッター操作などに対応したモデルで、別項で紹介する「NEX-6」は有機ELファインダーやモードダイヤルを搭載するモデル。

本機も「NEX-6」同様、小型化しパワーズームにも対応した新レンズ「E PZ16mm-50mm F3.5-5.6」と55m-210mmの望遠レンズを同梱するダブルズームレンズキット、「E PZ16mm-50mm F3.5-5.6」1本のみ同梱のパワーズームキット、ボディ単体という3種類を販売する。

新キットレンズは従来のキットレンズに比べて長さ、重さともに約半分にまで小型化したほか、ワイド端も24mm相当へと広角化。電動ズームにも対応し、動画撮影時にもズームを行いやすくした。なお電動ズームはズームレバー、リングのどちらでも操作可能。

横から見たところ。新レンズは側面に電動ズームレバーを搭載

なお、「NEX-6」がブラックのみでの展開であるのに対し、本機はシルバー、ブラック、ホワイトの3色を用意。ただしボディ単体はブラックのみの販売となる。

キットレンズの色は、本体色シルバーとホワイトモデルにはシルバーのレンズを、本体色ブラックにはブラックのレンズを同梱。なお、ブラックモデルのボディはシャッターボタンも新たに黒くするなど、細かいデザイン変更も行われている。

全3色で展開

オートフォーカス機能は、位相差AFとコントラストAFを併用することにより高速ピント合わせを可能にした新方式「ファストハイブリッドAF」を採用。秒間10コマ連写が可能で、連写時も新たにAF追従するようになった。

前述のようにWi-Fiを内蔵し、新サービス「PlayMemories Camera Apps」に対応。同サービスの詳細は後述する。

画像処理エンジンにはBIONZを搭載し、ISO感度は100-25600。動画撮影においては60p/60i/24p撮影が行える。音声はステレオ収録で、本体にモノラルスピーカーも搭載している。

メモリースティックDuoとSDカードに対応するマルチスロットを装備。SDカードはSDXCにも対応する。そのほか従来モデルから引き続きダイナミックレンジオプティマイザーやオートHDRなどの機能を備えている。

タッチシャッター対応/180度チルト液晶で自分撮りも可能に

前のページ 1 2 3 次のページ

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドSONY
  • 型番NEX-5R
  • 発売日2012年11月16日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格80,000円前後・ボディ単体)

関連記事