aptX Adaptive対応

AVIOT、“Snapdragon Sound”搭載完全ワイヤレス「TE-BD21j-ltd」。ピエール中野コラボ機も

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:松永達矢
2021年10月26日
プレシードジャパンは、AVIOTより、Snapdragon Sound採用の完全ワイヤレスイヤホン「TE-BD21j-ltd」を11月5日(金)に発売する。本日10時から予約を開始、価格は19,800円(税込)。

「TE-BD21j-ltd」

2020年11月発売の「TE-BD21j」をベースとした同社完全ワイヤレスイヤホンの新たなフラグシップモデル。サイズ感、形状をそのままに、ハイブリッド・トリプルドライバーのアップグレードやSnapdragon Sound採用によるハイレゾ再生への対応など、大幅なブラッシュアップが施されている。本体色はローズゴールドとドーンブルーの2色を展開する。

「TE-BD21j-ltdpnk」

大きな特徴として、上述の通りQualcomm社の最新プラットフォーム「Snapdragon Sound」を採用。8月に同社が年内発表するとしていたSnapdragon Sound搭載製品が本モデルにあたる。

8月に年内発表を予定とアナウンスしたQualcomm社の最新プラットフォーム「Snapdragon Sound」を採用

Snapdragon Soundを搭載することで、高音質コーデック「aptX Adaptive audio」に対応。Snapdragon Sound対応のAndroid端末との組み合わせで、96kHz/24bitのハイレゾ音源再生をワイヤレスで再生可能とする。

さらに、システム全体で89ms(0.089秒)の超低遅延を実現。ゲームユーザーに没入感と軽快な操作体験を提供すると同社はアピールしている。

音声通話用のBluetoothコーデック「aptX Voice」にも対応する。従来の2倍である32kHzのサンプリングレートにより、通話においてクリアな音声品質を提供するという。また、通話用マイクには高感度、低歪みを実現した米国・Knowles社製のマイクを採用。環境ノイズやエコーの少ないクリアな送話を実現している。

ドライバーはφ8mmのダイナミック型1基、BA型2基を組み合わせたハイブリッド・トリプルドライバー構成を、従来から引き続き継承。ドライバーそれぞれの音響特性を精緻に解析、マッチングさせると同時に、0.1dBオーダーのチューニングを実施することで、Snapdragon Soundの規格を満たしながら、日本語を母国語にするユーザーの耳に最も心地良く響くトーンバランスを実現したという。

ベース機から引き続き搭載される「ハイブリッド・トリプルドライバー」

また、2基のBAドライバーには、マイク部同様Knowles社製品の中から、よりワイドレンジな高品位ユニットを採用。ダイナミックドライバーには、本格スタジオモニターにも採用されるパルプコーン振動板にヒントを得た、PETチタンコンポジット素材に高密度パルプを貼り合わせたデュアルレイヤー振動板を採用。内部損失を高め、固有音の減少を図りつつ、振動板の軽量化とマグネットの強化により応答スピードを向上させたとしている。

イヤホンのローレット部についてもベース機同様、無垢のジュラルミンから削り出したパーツを採用。指の滑りを抑えて装着のしやすさを追求したほか、非磁性体という物性を活かし、外来ノイズの侵入を防ぐ効果も期待できるという。また、イヤホン本体はIPX4相当の生活防水を備える。

なお、充電ケースの外装にもジュラルミン素材を採用しており、開閉部にはスライド式ドアを用いる。充電端子はUSB Type-Cを採用する。

連続再生時間はイヤホン単体で最大9.5時間、充電ケースの併用で最大45時間の連続再生を実現、連続通話時間は最大6時間となる。また、イヤホン本体の充電時間は約1.5時間だとしている。

Bluetoothはバージョン5.2を採用。コーデックは上述のaptX Adaptiveのほか、SBC/AAC/aptXに対応する。プロファイルはA2DP/AVRCP//HFP/HSPをサポート。4デバイスまでのマルチペアリング、2デバイスまでのマルチポイント接続に対応する。付属品としてウレタンフォームイヤーピースを備える。

また、本機の発売に合わせ、凛として時雨のドラムス担当ピエール中野氏とのコラボレーションモデル第5弾「TE-BD21j-ltdpnk」の発売も決定。価格は26,950円(税込)。こちらも本日10時より予約を開始しており、発売日は11月下旬から12月上旬とアナウンスされている。

キーワードを「低音」とし、ピエール中野氏が0.1dBオーダーの徹底したチューニングを実施。ただ原音に忠実なだけでなく、音楽性豊かなサウンドシグネチャーに仕上げているという。ドライバー構成および対応コーデックなど、基本仕様はベースモデルと共通。

チューニングだけでなく、デザイン面もピエール中野氏が監修。オリジナルカラーを採用し、イヤホン左側とケースにロゴを刻印する。付属品としてコラボモデル専用の特別ポーチも用意される。

また前モデル「TE-BD21j-pnk」に続き、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の常守朱(CV:花澤香菜)をボイスガイダンスに起用。また専用アプリ「AVIOT PNK CHANGER」から、ドミネーター(CV:日烽フり子)のボイスに切り替えての使用も可能だ。

【ピエール中野氏のコメント】


初めて完成したものを聴いたときは本当に驚きました。これまでのコラボモデルに比べ、圧倒的に解像度が上がっています。「Bluetoothイヤホンでこんなにいい音が聞けるんだ」って。有線と比べても引けを取らない、なんなら超えてくるくらいの音が聴けます。
引くくらい、すごすぎる。

ピヤホン第5弾のキーワードは「低音」。ベースモデル「TE-BD21j-ltd」のポテンシャルの高さ、解像度の高さがゆえに生み出せた低音というのが「TE-BD21j-ltdpnk」のポイントです。チューニングは自分の好みや最近のトレンドに近づけてみるところからスタートさせました。その過程のなかで、「低音にこだわったらすごいことになるのでは」と思い、(低音を)とにかく作り込みました。

自分は、(ドラマーとして)ドラムを実際演奏したときのサウンドを体感して知っているので、そのライブ感も再現できていると思います。とはいえ低音過多にならず、中域〜高域もバランスよく、かつ、ピエール中野チューニングらしさも出しています。

この低音は他のイヤホンでは聴けないと思います。
超自信作。全員に聴いてほしい。

関連記事