0.1dBオーダーで調整、12月初旬発売

AVIOT、ピエール中野監修の完全ワイヤレス「TE-BD21j-pnk」。常守朱による新録音声ガイダンスも

編集部:川田菜月
2020年10月15日
プレシードジャパンは、AVIOTの完全ワイヤレスイヤホン「TE-BD21j」に、凛として時雨のドラムス・ピエール中野氏全面監修のコラボレーションモデル「TE-BD21j-pnk」を追加し、12月初旬より発売する。10月16日18時から予約開始し、価格は19,800円(税抜)。

コラボ第三弾「TE-BD21j-pnk」が12月初旬発売

凛として時雨のドラムス・ピエール中野氏全面監修

ピエール中野氏とのコラボモデル第三弾となる「TE-BD21j-pnk」。大ヒットした初代コラボモデル「TE-BD21f-pnk」、第二弾モデル「TE-D01d-pnk」に続き、新なるブラッシュアップが施された本機は、先日発表された完全ワイヤレスイヤホン「TE-BD21j」をベースに、今回もピエール中野氏が音質やデザインなどを全面監修している。

新開発のハイブリッド・トリプルドライバーを搭載する「TE-BD21j」が持つ情報量の多さやリニアリティを生かしながら、ピエール中野氏が0.1dBオーダーでチューニングを徹底したという。

0.1dBオーダーでチューニングを徹底

サウンドは「深く沈み込む低音域や、中央でしっかりと定位してリアリティの高い中音域、シンバルやハイハット、高音弦の倍音成分まで伸びやかに再現する高音域を実現しながら、原音忠実かつ音楽性の高いサウンドを鳴らす」とのこと。ピエール中野氏は「狙い以上の自分らしさを打ち出せた。期待を超える仕上がりで、どんな楽曲も気持ちよく聴ける音になった」とコメントしている。

ボイスガイダンスは、初代モデル・TE-BD21f-pnkに引き続き、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の常守朱(CV:花澤香菜)を採用。本機専用に新たな録り下ろしボイスを収録している。

専用デザインとカラーを採用。左側イヤホンとケースには、ピエール中野氏のオリジナルロゴを刻印し、カラーはブラックをベースに高級感あるアンティークゴールドのラインを配している。また本機には専用の特別ポーチが付属する。

今回も専用デザインとカラーを採用

ベースとなるTE-BD21jは、φ8mm超軽量・高剛性PETチタンコンポジット振動板採用のダイナミックドライバーを1基と、そのダイナミックドライバーとのマッチングを精密に解析して厳選したというBAドライバーを2基搭載した、新開発のハイブリッド・トリプルドライバー構成を採用している。

タッチセンサー内蔵で、再生/一時停止、曲送り/戻し、音量調整、通話などが操作可能。またイヤホン内の部品配置を最適化し、本体の小型化も図っている。

Bluetoothはバージョン5.2を採用。プロファイルはA2DP/HFP/HSP/AVRCP、コーデックはSBC/AAC/aptXに加え、状況に合わせてビットレートを変え、音質と接続安定性を維持する「aptX Adaptive」にも対応している。

スマホや音楽プレーヤーとの高品位な左右同時接続を実現する新技術「Qualcomm TrueWireless Mirroring」を搭載するなど、音途切れやノイズにも強い仕様としている。また高感度MEMSマイクとQualcomm cVc8.0ノイズキャンセリング機能により、クリアな音声通話も可能。アンビエントマイク(外音取り込み)機能も搭載する。

連続再生時間は最大9時間。本体のみ、IPX4レベルの防水性能を装備。なおケースは非防水となる。

同社は今後、公式ウェブサイトやSNSにて追加情報を発表予定としている。また「TE-BD21j-pnk」の発表に際し、ピエール中野氏のインタビュー動画も公開されている。

関連記事