従来機「TE-BD21f」からフルモデルチェンジ

AVIOT、新設計ドライバー搭載完全ワイヤレス「TE-BD21j」。TrueWireless Mirroring対応

編集部:川田菜月
2020年09月29日
プレシードジャパンは、AVIOTより、新設計のハイブリッド・トリプルドライバーを搭載した完全ワイヤレスイヤホン「TE-BD21j」を11月下旬から発売する。予約受付は10月中旬開始、 価格は14,800円(税抜)。

「TE-BD21j」

ダイナミック型、BA型を組み合わせたハイブリッド・トリプルドライバーを搭載。「完全ワイヤレスイヤホン最高レベルの音質を目指した」とする同社初のハイブリッド・トリプルドライバー搭載モデル「TE-BD21f」から、内部設計から見直すなどフルモデルチェンジを実施し、さらなる高音質化を目指したという。

新設計のハイブリッド・トリプルドライバーを搭載

ダイナミックドライバーは、応答性を高めるため、あえてわずかに径を小さくしたφ8mm超軽量・高剛性PETチタンコンポジット振動板を採用。BAドライバーは、ダイナミックドライバーとのマッチングをコンピューターで精密に解析すると同時に、熟練エンジニアが長時間のリスニングテストを行って厳選。0.1dBオーダーでチューニングし、中高音域の情報量を増やしながら、クロスオーバー帯域での歪み感を極限まで減少させたとする。

装着イメージ

イヤホンの外装ケースも限界まで小型化。さらにサウンドステージなどに影響する位相ズレをなくすため、PCBにダクトホールを設け、各ドライバーはイヤホンケース内に0.01mmオーダーで配置するなど最適化を図っている。

Bluetoothはバージョン5.2を採用。プロファイルはA2DP/HFP/HSP/AVRCP、コーデックはSBC/AAC/aptXに加えて、電波の混雑具合や伝送データ量に応じてリアルタイムに転送ビットレートを可変し、音質と接続安定性を維持する「aptX Adaptive」もサポート。また本機は4デバイスまでのマルチペアリングにも対応する。

スマホや音楽プレーヤーとの高品位な左右同時接続を実現する新技術「Qualcomm TrueWireless Mirroring」を搭載。片方のイヤホンを親機として接続後、もう片方の子機のイヤホンに左右反対側の信号をミラーリングしながら送り出す技術で、オーディオ信号の伝送ロスが発生しないよう、随時ロールスワッピングを行うことによって音途切れやノイズを抑え、安定した接続を実現するとのこと。

本体には高感度MEMSマイクを採用。Qualcomm cVc8.0ノイズキャンセリング機能との組み合わせで、クリアな音声通話も可能だとしている。またアンビエントマイク(外音取り込み)機能も搭載する。

操作は高感度かつエラーの少ないとする高性能タッチセンサーを採用し、再生/一時停止、曲送り/戻し、音量調整、通話などの基本操作を、耳を圧迫することなく快適に操作できるとのこと。

イヤホンはローレット部に無垢のジュラルミンから削り出したパーツを採用。滑りにくく装着しやすい上、外来ノイズの侵入を防ぐ効果も期待できるとのこと。充電ケースも外装全面に高品位のジュラルミンを採用し、スライド式ドアによるスムースな開閉機構を実現。カラーはメタリックレッド、ブラック、シルバーの3色展開となる。

ローレット部に無垢のジュラルミンから削り出したパーツを採

連続再生時間は最大9時間。感度は92±3db、インピーダンスは32Ω。イヤホン本体のみ、IPX4レベルの防水性能を装備。なおケースは非防水となる。充電端子はUSB Type-Cを採用。付属品には標準タイプとフォームタイプのイヤーチップをS/M/L各サイズ1ペアずつと、両方のイヤホンを繋ぐストラップも用意する。

本モデルのタイアップアーティストには「東京スカパラダイスオーケストラ」を起用。最新曲「Great Conjunction 2020」のMusic VideoとリンクしたCM動画と、メンバーによるインタビュー動画を本日9月29日から公開した。

タイアップアーティストは「東京スカパラダイスオーケストラ」

CM動画とインタビュー動画が公開された

合わせて、凛として時雨のドラムス担当ピエール中野氏とのコラボレーション第3弾モデル「TE-BD21j-pnk」の発売も発表。12月上旬に発売予定で、後日詳細が公開される予定だ。

ワイヤレスピヤホン第3弾モデルが12月登場

関連リンク

関連記事