HOME > ニュース > DUNU、ダイナミック型イヤホン「DUNU FALCON PRO」。独自ドライバーや交換式ノズル/プラグを搭載

2017年発売「Falcon-C 隼」の後継モデル

DUNU、ダイナミック型イヤホン「DUNU FALCON PRO」。独自ドライバーや交換式ノズル/プラグを搭載

2021/10/21 編集部:成藤 正宣
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
サウンドアースは、同社が取り扱うDUNUブランドから、ダイナミック型イヤホン「DUNU FALCON PRO」を10月22日より順次発売する。市場では税込27,340円前後での実売が想定される。

「DUNU FALCON PRO」

同ブランドが2017年に発売した「Falcon-C 隼」の後継モデル。独自に開発し特許も取得した、10mmダイナミック型「ECLIPSEドライバー」を搭載。アモルファスダイヤモンドライクカーボンを何層にもわたって蒸着させた剛性の高い振動板や、1.6テスラの強力な磁力を発生させるマグネットシステムなどにより、いかなる状況下でも正確で素晴らしい音楽再生を実現できるとしている。

また、ドライバー前後の空気の流れを局所的にコントロールし、精密なチューニングを実現する「マルチパス・エアフローマネジメント」や、2つの異なる容積の空気を分離することで特定周波数の共振を抑制する「デュアルチェンバードレゾナンス・コントロール」という技術も搭載した。

独自開発の「ECLIPSEドライバー」や、空気の流れや共振を制御する機構を搭載

ハウジング素材にはS316ステンレスを採用。全体を鏡のように磨き上げるとともに、ベベル(斜面)にはサンドブラストにより、ヴィンテージロゴをモチーフにしたつや消し加工を施している。

ステンレスハウジングを磨き上げ、斜面部分にのみロゴが浮き上がるサウンドブラスト加工を施す

ステンレス製ノズルは着脱に対応し、交換することでチューニングが可能。標準的な「リファレンス」、高域と音の透明さを重視した「トランスパレンシー」、広大な音場を感じられる「アトモスフェリックイマージョン」の3種類が同梱する。

ノズルを付け替えることで3通りのチューニングが可能

ケーブルもMMCX端子による着脱に対応。付属ケーブルは高純度銀メッキ銅を採用した4芯構造で、プラグにはブランド独自の着脱機構「Q-Liteクイックスイッチングモジュラーシステム」を搭載。プラグだけを取り外し、3.5mmアンバランス/2.5mmバランス/4.4mmバランスの3種類に付け替えることができる。

付属ケーブルは、独自の「Q-Lite」システムによりプラグを付け替えられる

再生周波数帯域は5Hz - 40kHz、感度は112dB、インピーダンスは26Ω(@1kHz)。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック