在庫限りの数量限定

FiiO、LDAC/aptX HDの送受信対応のデスクトップUSB-DAC「BTA30」再販開始

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:伴 修二郎
2021年10月06日
エミライは、同社が取り扱うFiiOブランドより、Bluetoothレシーバー&トランスミッター機能搭載USB-DAC「BTA30」を数量限定で販売を再開した。ヤフーショッピングおよび楽天市場での同社直販サイトにて販売を行っている。

USB-DAC「BTA30」が数量限定で再販開始

2020年の12月に発売し、好評のなか惜しまれつつ販売を終了していたモデルが、この度追加生産され、同社のダイレクトショップにて再販される。なお、部材の継続的な調達が困難のため、在庫限りの数量限定での販売となる。

BTA30」は、同ブランド初となるLDAC/aptX HDコーデックの送受信に対応したデスクトップ用DAC製品。BluetoothレシーバーにはQualcomm製SoC「CSR8675」を採用し、高い接続安定性を実現するという。SBC/aptX/LDAC/aptX HDコーデックでの送受信や、送信ではaptX LLにも対応する。

DACにはAKM製ハイエンドチップ「AK4490EN」を搭載。背面には最大30mの送受信距離が可能な外付け高ゲインアンテナを採用し、より高速・安定した信号伝送を実現する。また、スマホ用アプリ「FiiO Music」「FiiO Control」からのリモート制御にも対応する。

背面には最大30mの送受信距離が可能な外付け高ゲインアンテナを採用

関連リンク

関連記事