大画面12型IPS液晶を採用

ケンウッド初のデジタルルームミラー型ドラレコ「DRV-EM4700」。2カメラで後方確認も可能

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:伴 修二郎
2021年07月15日
JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、前方・後方の同時撮影に対応する同社初のデジタルルームミラー型ドライブレコーダー「DRV-EM4700」を、7月下旬より発売する。価格はオープンだが、税込61,000円前後での実売が予想される。

「DRV-EM4700」

DRV-EM4700は、12型IPS液晶デジタルルームミラーを搭載した前後撮影対応の2カメラドライブレコーダー。リアカメラで撮影した映像をリアルタイムでデジタルルームミラーに映し出すことができ、荷物や車体などによる死角の少ない後方確認が行える。

フロント・リアカメラともに高感度の裏面照射型CMOSセンサー「STARVIS」を採用。夜間やトンネル内の走行時も、対向車や歩行者など対象物の色や形を認識し、鮮明かつ高画質な映像で撮影できるとしている。また「WDR(ワイドダイナミックレンジ)機能」を搭載し、逆光や夜間走行時の照明などの、明暗差が激しい環境時に起きやすい白とびや黒つぶれを抑える。走行時の映像を細部まで高精細に録画できるフルハイビジョン録画にも対応する。

画像左がフロントカメラ、画像右がリアカメラ

さまざまな車両状況を記録できる4つの録画機能も搭載しており、発話によって主な基本操作が行える音声コマンド機能では、「イベント記録開始」「写真を撮ります」といった言葉に対応して動作する。また液晶モニターには「タッチパネル液晶」を採用し、タッチ操作によりカメラの表示エリアの調整のほか、前後の画面表示の切り替えや、画面の明るさ調整も可能。

SDカードのエラーを未然に防止する「SDカードメンテナンスフリー機能」を搭載。SDカードの録画領域をあらかじめ確保することで、断片化を未然に防止しSDカードのエラーを防いでくれるとのこと。

そのほかの機能として、専用の固定バンドで幅広い車種のルームミラーに装着可能な「バンド式装着」を採用。録画されたファイルの万が一の破損を防ぐ「スーパーキャパシター」や、LED信号機の無点灯記録を防止する「LED信号機対応」を搭載する。一律4万円の補償金が支払われる、交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度にも対応している。

Windows・MacのPCで詳細なドライブ情報を確認できる、専用ビューアーソフト「KENWOOD MIRA-RECO VIEWER」を同梱。microSDカードは最大容量128GBまで対応。外形寸法/質量ははフロントカメラが293W×73H×45Dmm/約457g、リアカメラが47.8W×38H×26Dmm/約41g。そのほか、microSDHCカード(32GB)、シガープラグコード、後方撮影用カメラケーブル、GPSユニットケーブルを付属する。

別売で車載電源ケーブル「CA-DR550」を8月下旬に発売予定。価格はオープンだが、税込7,000円前後の実売が予想される。CA-DR500を使用することで、エンジンをオフにしても電源の供給が可能になり、最長24時間の駐車監視録画に対応。駐車中に車体への衝撃を検知すると、検知後の1分間を録画する。

別売予定の車載電源ケーブル「CA-DR550」

関連記事