新形状と柔らか素材を採用

JVC、長時間装着でも“ストレスフリー”なイヤーピース「スパイラルドットSF」

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブ編集部
2020年11月13日
JVCケンウッドは、独自構造でイヤホンの音質向上を図ったイヤーピース「スパイラルドット」の新モデルとして、新たなフォルムの採用などにより長時間装用でもストレスなく使えるようにしたという「スパイラルドットSF(EP-FX11)」を11月中旬より発売する。

「スパイラルドットSF(EP-FX11)」

S/MS/M/ML/Lの5サイズを揃え、各4個入りで価格はオープン。市場では税抜1,400円前後での実売が予想される。

独自の螺旋状ディンプルによって内部の反射音を拡散、それによってクリアなサウンドを実現する「スパイラルドット」の新モデル。従来の「スパイラルドット(EP-FX9)」「スパイラルドット+」「スパイラルドット++(EP-FX10)」に続く新ラインナップとなる。

5サイズをラインナップする

モデル名の「SF」は“ストレスフリー”の意味。新しいフォルムと柔らか素材による軽い装着感で長時間装用でもストレスフリーに使えるよう配慮したという。

従来のスパイラルドットシリーズがラウンド形状であるのに対し、今回はアンブレラ形状を採用。これにより、しっかりフィットして耳から落ちにくくなったことから、完全ワイヤレスイヤホンにも最適なモデルだと同社は説明している。

また、素材もこれまでのスパイラルドットシリーズと異なる“柔らかシリコン”を採用。シリコン素材の中でも特に柔らかく伸びのあるグレードで、新しいフォルムと相まって長時間でも軽い着け心地を実現。同社では、長時間のリモート会議などが行われるテレワークでも快適に使用できるとアピールしている。

関連記事