[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域【第247回】

この想い Just for you!STAYホームな今こそ「SA700 LS Edition」でLUNA SEA「EDEN」を聴きまくる!

高橋 敦

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

2020年06月04日
30周年ツアー再開に向けて、コラボDAPで最高のSTAYホームを!

ニューアルバム「CROSS」を携えてのLUNA SEA 30周年ツアー「LUNA SEA 30th Anniversary Tour 2020 -CROSS THE UNIVERSE」。その大半が、昨今の新型コロナウイルスの煽りを受け、開催延期となってしまっていたわけだが……

LUNA SEA 30周年ツアー「LUNA SEA 30th Anniversary Tour 2020 -CROSS THE UNIVERSE」が開催延期に…今こそオーディオ再生環境を強化!

2021年1月よりの再開が発表された!

ならばその時まで、もうしばしのおうち時間で、LUNA SEAがこれまでに届けてくれてきた楽曲、その音源の数々をこれまで以上に聴き込み、内なるLUNA SEA力をさらに強化しておこうではないか!

とはいえ、今まで通りの環境で今まで通りに聴くだけでは、いつもの楽しさはあれど新鮮な驚きは生まれにくい。そこでおすすめしたいのが、『LUNA SEA音源を再生するオーディオシステムの強化』だ。

改めて強力なオーディオシステムで再生することで、十年単位で聴き込んできた曲からも、演奏のニュアンスや音色の冴え、アレンジの構築美、ミックスの妙技などをこれまで以上に感じることができる。要するに、LUNA SEA楽曲のポテンシャルをさらに引き出すことができるのだ!

というわけで、LUNA SEAを深奥まで聴き尽くすためのオーディオアイテムといえばこちら!
Astell&Kern「SA700 LUNA SEA 30th Anniversary Edition」!

今こそ出でよ!開封!

起動!LUNA SEA 結成30周年記念ロゴ表示!

名前の通り「SA700」というポータブルオーディオプレーヤーをベースに、LUNA SEA仕様へのカスタマイズが施されたスペシャルモデルだ。SA700自体もAstell&Kern社のポータブルプレーヤー参入7周年記念モデルなのでダブルアニバーサリー!

今回はこのAstell&Kern「SA700 LUNA SEA 30th Anniversary Edition」で、LUNA SEAの数々の名作の中から、3rdアルバム「EDEN」をピックアップ。今改めてEDENを聴きまくり、そして聴き込みまくる!

背面にもLUNA SEA 結成30周年記念ロゴをレーザーマーキング!

最新アルバム「CROSS」の96kHz/24bit音源まで独占プリインストール!

オーディオ的ベストコンビ!EDEN+Astell&Kern!

とか、いきなり小見出しで言われても、だ。「たしかに見事にLUNA SEA仕様でかっこいいけど、Astell&KernとかSA700とか音の良さなんてオーディオ的な話はわからん!」というSLAVE(※一般の方への説明:SLAVE=LUNA SEAファンのこと)の方も多いかもしれない。それに唐突な「EDEN」決め打ちに謎を感じる方もいらっしゃることだろう。

付属の特製本革ケース装着でECLIPSE S-1 PYTHON的な雰囲気に変身!

ケース背面にもLUNA SEA30周年ロゴ!このかっこよさだけでうっかり買いかねないが……

では最初に、Astell&Kern「SA700」というプレーヤーのすごさを説明しよう!オーディオ的なスペックとかの説明はすっ飛ばし、別のアプローチから「なるほどそれはすごそうだ!」と納得してもらう!そしてそのまま一気に「なぜ『EDEN』?」もまとめて納得してもらう!

Astell&Kern「SA700」は、1万4,000人のセレブ必携アイテム?!

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

関連記事