「SA700 LUNA SEA 30th Anniversary Edition」

LUNA SEAとAstell&KernのコラボDAP、3月10日に発売。約17万円、ハイレゾ楽曲プリインストール

編集部:平山洸太
2020年02月19日
アユートは、ロックバンド・LUNA SEAとコラボレーションしたAstell&Kernのハイレゾプレーヤー「SA700 LUNA SEA 30th Anniversary Edition」を500台限定で3月10日に発売する。オープン価格だが、同社直販ストアでは税込169,980円で販売する。

「SA700 LUNA SEA 30th Anniversary Edition」

Astell&Kernのハイレゾプレーヤー「SA700」をベースに、LUNA SEA結成30周年記念のカスタマイズを施したモデル。発売についての告知は行われていたが、この度、正式な発売日や価格がアナウンスされた。

リアパネルには30周年記念ロゴをレーザーマーキングするほか、電源オン時には記念ロゴが点灯する演出となっている。

また、再生楽曲のビット深度で色が切り替わるボリュームホイール部のインテリジェントLEDもカスタマイズ。ベースモデルでは24bitファイルの再生時にグリーンで点灯するが、本モデルでは月光をイメージしたアンバー(琥珀)カラーで点灯する。

付属品には、30周年記念ロゴが刻印されたブラックカラーの専用レザーケース、ロゴがデザインされたパッケージも用意する。また特典として、10枚目となるアルバム「CROSS」のハイレゾ版(96kHz/24bit)がプリインストールされている。

オリジナルのケースとボックスを採用

ベースとなる「SA700」は、Astell&Kernのハイレゾプレーヤー第1世代フラグシップ機「AK120」を再解釈したデザインと最新技術を融合させたという最新モデル。旭化成エレクトロニクス製「AK4492ECB」をデュアル搭載し、384kHz/32bit、DSD256(11.2MHz)にネイティブ対応する。

関連リンク

関連記事