JH3X/JH10X3/JH11の3機種がベース

JH Audio、「ダンまちII」コラボユニバーサルIEMを完全受注生産。ヘスティア/アイズの2モデル

編集部:川田菜月
2019年12月13日
アユートは、JH AudioとTVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII』のコラボレーション・ユニバーサルIEM「JH ダンまちII」を発表。完全受注生産で12月13日(金)より、アユート直販サイト「アキハバラe市場」、「e☆イヤホン」および「ゲーマーズ」にて受注開始した。製品は受注順に2020年2月から順次発送予定で、受注の締め切りは2020年3月1日(日)を予定している。

JH Audioのコラボイヤモニ『JH ダンまちII』が12/13から受注開始

・「JH3X ダンまちII ヘスティア Edition」 価格:69,980円(税込)
・「JH3X ダンまちII アイズ Edition」 価格:69,980円(税込)
・「JH10X3 ダンまちII ヘスティア Edition」 価格:99,980円(税込)
・「JH10X3 ダンまちII アイズ Edition」 価格:99,980円(税込)
・「JH11 ダンまちII ヘスティア Edition」 価格:119,980円(税込)
・「JH11 ダンまちII アイズ Edition」 価格:119,980円(税込)

本コラボモデル「JH ダンまちII」についてはすでに発表されていたが、今回詳細な製品情報や価格が明らかとなった。『ダンまちII』のヒロインである、神・ヘスティアとアイズ・ヴァレンシュタインの二人の完全書き下ろしオリジナルイラストを片側フェイスプレートにデザイン。もう片側はそれぞれのファミリア・エンブレムがプリントされる。

ヘスティアモデル

アイズモデル

付属品として『ダンまちII』のロゴをレーザー刻印した金属ケースを用意。パッケージにもヘスティアとアイズそれぞれの描き下ろしイラストを使用したスペシャルデザインを採用する。

ケースには「ダンまちII」のロゴを刻印

パッケージもオリジナルデザインを採用

ベースとなるイヤホンは、通常カスタムIEMとして販売されている「JH3X PRO」「JH10X3 PRO」「JH11 PRO」の3モデル。今回3Dプリンタを使用したユニバーサルIEM として特別に採用された。

また「JH ダンまちII」の付属ケーブルには、JH AudioのカスタムIEM上位機種に用いられる、強固で汗や埃への耐性が強いJH 4pinコネクターを使用した低域調整アッテネーター無しのものを採用。

ケーブルにはJH 4pinコネクターを装備

JH3X PROは独自開発のBAドライバーを片側に3基(低域×2、高域×1)搭載。パンチのある低域と鮮明でクリアなボーカル域を再生し、特許技術「freqphaseテクノロジー」により、各ドライバーの時間軸と各帯域の位相を正確に制御することが可能としている。周波数特性は10Hz - 17kHz、入力感度は119dB@1mW、インピーダンスは18Ω。

JH10X3 PROは独自開発のBAドライバーを片側に3基(低/中/高域に1基ずつ)搭載。本機にもfreqphaseテクノロジーを採用。全体の音のつながりが良く、なめらかでナチュラルな音域再生を実現するとのこと。周波数特性は20Hz - 17kHz、入力感度は119dB@1mW、インピーダンスは18Ω。

JH11 PROは独自開発のBAドライバーを片側に3基(低域に2基、中/高域に1基ずつ)搭載。本機にもfreqphaseテクノロジーを採用。パンチのある低域から、明瞭な高域までスムーズに再生し、スピード感があるミッドレンジにより音の輪郭をしっかり再現するとしている。周波数特性は10Hz - 17kHz、入力感度は119dB@1mW、インピーダンスは18Ω。

関連記事