「SRS-XB23」は縦置きに

ソニー、“非対称”振動板で音質強化した防水/防塵/防錆BTスピーカー。「SRS-XB43」など3モデル

編集部:平山洸太
2020年06月16日
ソニーは、新開発のスピーカーユニット「X-Balanced Speaker Unit」搭載のBluetoothスピーカー3モデル「SRS-XB43」「SRS-XB33」「SRS-XB23」を7月3日に発売する。価格はいずれもオープンだが、SRS-XB43は税抜23,000円前後、SRS-XB33は税抜18,000円前後、SRS-XB23は税抜12,000円前後での実売が予想される。カラーはXB43・XB33がブラックとベージュの2色で、XB23はブラックとベージュに加えて、ブルー/レッド/グリーンを加えた全5色をラインナップする。

「SRS-XB43」

「SRS-XB33」


「SRS-XB23」
それぞれ従来モデル「XB41」「XB32」「XB22」の後継機として、音質を中心にアップグレードを実施。大きな特徴として、スピーカーの振動板を丸形から非対称形/超楕円形へと変更させたドライバーユニット「X-Balanced Speaker Unit」を搭載する。

通常スピーカーは振動板が大きいほど音圧が上がり、同じ音圧であれば振幅が低減でき、歪み低減につながる。しかし従来の円形では、振動板を大きくすると本体が大きくなってしまう。そこで今回、振動板の形を変えることで、筐体サイズを保ちながらも振動板面積の拡大を実現させている。

XB43には61×68mmの超楕円形、XB33には48×70mmの非対称形、XB23には42×51mmの非対称形をそれぞれ2基ずつ搭載。またX-Balanced Speaker Unitに加えて、XB43には2基の約20mmトゥイーターと2基のパッシブラジエーターを搭載。XB33とXB23では、それぞれ2基のパッシブラジエーターを備える。

「SRS-XB43」構成イメージ

「SRS-XB33」構成イメージ


「SRS-XB23」構成イメージ
X-Balanced Speaker Unitでは形状で音の傾向が異なり、非対称形では、面積拡大による音圧向上やクリアな音質に加え、重量バランスを最適化したオフセンターユニット設計により声のクラリティを向上させたほか、振動中のユニット回転の抑制によって解像度の良さを実現。先端を狭くすることで外側に音が広がり、音場再生の広がりも良いという。また超楕円形では高さを変えずに振動板面積を拡大できるため、声の厚みや低域再生が良いとしている。

非対称形振動板のイメージ

超楕円形振動板のイメージ

なお、丸形でないユニットは音の歪みが生じやすいが、長年培った特許取得のオーディオ技術により、歪みなく音質の大幅進化を実現したと同社は説明。開発時には技術者が様々な形状で試聴テストを実施し、非対称と超楕円を採用することに決定したとのこと。

また、振動板には剛性と軽量を兼ね備える発泡マイカ振動板を搭載。従来は前後だったパッシブラジエーターをサイドに配置することで、面積を拡大し、クリアな低音を追求している。さらにXB43に搭載するトゥイーターは、X-Balanced Speaker Unitのウーファーに最適なものを新設計して搭載している。

筐体はファブリック素材で、IP67の防塵防水に加えて、サビに強い防錆仕様を採用する。いずれもBluetoothコーデックはSBC/AAC/LDACに対応し、アンプにはS-Masterを搭載。圧縮された音源で失われがちな高音域を補完する「DSEE」にも対応するほか、重低音を響かせるExtra Bassモード、最大100台まで接続可能なパーティーコネクトを搭載する。

パーティーコネクトに対応

XB43・XB33の2機種は、歓声や拍手などをDSP処理で拡散することで、ライブ会場にいるような臨場感を味わえる「LIVE SOUND」を搭載する。再チューニングでより一層の臨場感を追求しており、ボーカルの声も一様に広げるのではなく、コアとなるボーカルの明瞭度をキープしつつ音を広げるようにしている。ライティング機能にも対応する。

ライティング機能を搭載

またXB23には、縦置きでも十分に音が広がる独自アルゴリズムの「モノラルモード」を搭載。横置きとしても使用が可能で、アプリからステレオモードを選択することもできる。本体にはストラップを付属し、アウトドアや浴室などに引っ掛けて使用することもできる。

縦置きで使えるモノラルモードを搭載

「SRS-XB23」使用イメージ

そのほか、いずれのモデルでも汎用性の高いUSB Type-Cを充電端子に採用する。連続使用時間は、StaminaモードでXB43が約24時間、XB33が約24時間、XB23が約12時間。Extra Bassモード時はXB43が約14時間、XB33が約14時間、XB23が約10時間。

また外形寸法は、XB43が325W×123H×117Dmmで、XB33が246W×97H×106Dmm、XB23が76W×76H×218Dmm。質量は順に、約2,950g、約1,100g、約580g。外部入力として、XB43のみステレオミニジャックを搭載する。

関連リンク

関連記事