価格を抑えた「3330シリーズ」も

FUNAI、画質エンジンを進化させたHDD内蔵4K液晶テレビ「5030シリーズ」

編集部:押野 由宇
2020年05月25日
船井電機は、ヤマダ電機グループにて独占販売を行っているFUNAIブランドのラインナップを刷新。4Kチューナー内蔵液晶テレビ「5030シリーズ」および「3330シリーズ」を、6月6日より順次よりヤマダ電機グループ全店舗にて発売する。以下、価格はすべて税抜表記。

<5030シリーズ>
・65V型「FL-65U5030」224,800円*本モデルのみ6月27日発売予定
・55V型「FL-55U5030」139,800円
・49V型「FL-49U5030」119,800円

<3330シリーズ>
・55V型「FL-55U3330」104,800円
・50V型「FL-50U3330」89,800円
・43V型「FL-43U3330」74,800円

5030シリーズは、BS 4K・110度CS 4K×2、地上・BS・110度CSチューナー×3を搭載、1TBのハードディスクを内蔵する液晶テレビ。

「FL-65U5030」

独自の高画質エンジン「Clear Pix 2 ADVANCE」を搭載。多数の画像パターンを解析・学習したデータベースを進化させた画質改善エンジンで、精細感を向上し、なめらかな階調表現で自然で鮮やかな色彩を再現するとしている。HDRはHDR 10/HLG/Dolby Visionをサポート。

ほか、独自のアルゴリズムで4K映像への変換を行なう「4K Clear Pix Remaster」や色のズレなどを補正しながら色再現範囲を拡大する「Brilliant Wide Color」といった画質機能を搭載。60コマ/秒のフレーム間に、補間するフレームを生成する倍速駆動も備える。

サウンド面ではDolby Atomosに対応。スピーカーシステムは低音から高音まで伸びやかなサウンドが得られるというバスレフ型スピーカーを内蔵した「バスレフ型FUNAIサウンドシステム」を採用した。特に音楽番組などで、迫力ある音を出力できるとしている。

チューナーはBS 4K・110度CS 4K×2、地上・BS・110度CSチューナー×3を内蔵し、視聴中の4K放送番組とは別の番組を同時に録画可能。録画機能では、番組のジャンルや出演者などの項目を選択しておくことで自動検索・録画予約を行なう「おまかせ録画」、ジャンル別に番組を検索できる「みつかる録画一覧」などを備える。

Android TV機能を搭載し、Google Playストアからアプリをインストールして活用することなどが可能。Chromecast built-inタブレットで視聴しているコンテンツや、Androidスマートフォンに映した写真、動画を大画面で視聴するといったこともできる。

下位モデルとなる3330シリーズでは、ハードディスク非搭載であるほか、他シリーズでは採用される「Brilliant Wide Color」「倍速駆動」を省略。またBS 4K・110度CS 4K×2、地上・BS・110度CSチューナー×2とチューナー数も減らし価格を抑えた。

「FL-55U3330」

関連記事