税抜8,900円で6/1発売

Chord & Major、メタル/ポップ/ソナタに特化したエントリー向けイヤホン「minorシリーズ」

編集部:杉山康介
2020年05月22日
ゲートは、同社が取り扱うChord & Majorよりエントリー向けイヤホン新シリーズ“minor”の3製品「minor61’19 Super Star for POP」「minor81’19 Devil Head for Metal Rock」「minor91’19 Romantic for Sonata」を、6月1日より販売する。全製品とも価格はオープンだが、税抜8,900円前後での実売が予想される。

minorシリーズ

同社の開発するイヤホンは、音楽の各ジャンルに合わせてトーンと音の個性を変え、そのジャンルの本質や音の深みをダイレクトに感じられるよう調整しているという「トーナルイヤホン」と呼ばれるもの。今回発売されるminorシリーズは、現行モデル“Majorシリーズ”の音をベースに、さらに個性を引き出した。

minor61’19 Super Star for POPは、クリアなボーカルと程よい低音の響きをバランス良くチューニングしたというポップミュージック向けモデル。ナチュラルなサウンドで、打ち込み系のポップロックから洋楽、J-POP、K-POP、アニメソングなど、様々なジャンルに適しているという。

minor61’19 Super Star for POP

minor81’19 Devil Head for Metal Rockは、メタルの派手さと密度の濃いサウンドを楽しめるというメタル/ロック向けモデル。聴き疲れしない引き締まった低音と伸びのある高音で、早弾きのスピード感やドラムの高速ツーバス、歪んだギター/ベースの低音、叫ぶようなボーカルを再現するとしている。

minor81’19 Devil Head for Metal Rock

minor91’19 Romantic for Sonataはクラシック/ソナタ向けで、華やかな表現力でピアノの美しい音色を再現し、クラシックならではのダイナミックさとハーモニーの豊かな響きを楽しめるというモデル。楽器ごとの音の輪郭と組み合わせが鮮明に聴こえ、楽曲の耳コピや小編成のクラシック音楽に適しているとする。

minor91’19 Romantic for Sonata

3モデルともφ13.5mmのダイナミックドライバーを搭載しており、再生周波数帯域は20Hz-20kHz。インピーダンスは32Ωで、感度は108dB、最大出力は5mW。個別デザインのブリキ缶収納ケースが付属する。

関連リンク

関連記事