通常イヤホンがカスタムIEMに近くなる

Acoustune、イヤホンをカスタムフィット化するインターシェル「ST1000」。現状復帰も可能

編集部:杉山康介
2020年05月22日
アユートは、同社が取り扱うAcoustuneブランド製イヤホンをカスタムフィット化するインターシェル「ST1000」の受注を6月上旬より順次開始する。価格は39,800円(税込、以下同)。

ST1000

Acoustuneのイヤホンはドライバーを格納する音響チャンバー部とハウジング部を分離させたモジュラー構造となっているため、ハウジング部をカスタムシェルに交換することでフィット感を最適化するという製品。独自のベントチューブを配置することで、密閉化による振動板の動きの抑制を解消し、適度な密閉感と音場の広がりを実現しているという。

カラーはカーマイン(レッド)、ウルトラマリン(ブルー)、クリア(無色)、シトロン(イエロー)、ビリジアン(グリーン)から選択可能で、製品は3Dプリンターにて成形され、仕上げ調整を経て約4週間で完成するという。カスタムフィット化によって取り外された従来のメタルハウジングは返却される。

左が従来のユニバーサルフィット状態で、右がST1000を装着した状態

オプションとして、コネクター部からチャンバー部までの配線のアップグレードサービスを用意。解像度の高さと聴きやすさを両立するというプラチナ線と、高域の煌びやかさを増して音の輪郭を際立たせるという純銀線を選択することが可能となっており、価格はプラチナ線が15,000円、純銀線が10,000円となる。

また、5,000円で元のユニバーサルフィットの状態に復帰させることも可能。この手順は返却されるメタルハウジングを用いて行われ、上述のアップグレード配線はそのままになるとのこと。

対象となるのは、Acoustune製イヤホン「HS1697TI」「HS1677SS」「HS1657CU」「HS1695TI」「HS1655CU」「HS1670SS」「HS1650CU」「HS1551CU」「HS1503AL」「HS1501AL」。

取り扱いはアユート直販サイトのアキハバラe市場とe☆イヤホン、フジヤエービックで、各店準備が整い次第受付が開始される。なお、製品の値段に耳型採取代金と送料は含まれない。

関連リンク