定期の分配時期より前に著作権料受取可能に

NexTone、アーティストへの著作権料を前払い。新型コロナでのライブ中止を支援

編集部:小野佳希
2020年04月23日
音楽著作権管理事業者のNexToneは、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う著作権者(ミュージシャン等)の支援策として、著作権使用料の前払いを行う。

現在の音楽業界は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、ライブ・コンサート・イベントの開催自粛、中止、延期等が相次いでいる。これを受けて、音楽出版社やアーティストマネジメント、レーベルを支援するため、同社と著作権管理委託契約を結んでいる著作権者に対し、著作権使用料を前払いすることを決めた。

通常は、四半期ごとに区切ってその期間に利用された楽曲の著作権料を6月/9月/12月/3月に分配。今回の措置は、この分配時期を待たずに前払いに応じることにしたというもの。

申込受付期間は4月から6月末日まで(申込状況により期間中に受付を締切る場合あり)。本取組みに関する契約手続には電子契約を利用し、契約締結完了から前払使用料の支払いまでは5営業日を予定している。

対象となるのは、2018年4月から2020年3月までの計8回(四半期8回)の著作権使用料分配において、同社からの1回(四半期1期)あたりの平均分配額が3万5千円以上の実績のある委託契約者。申込受付から前払使用料の支払いまでを迅速に対応するために、この基準を満たす委託契約者を対象としたという。

「2018年6月分配〜2020年3月分配における1四半期あたりの分配額平均の70%以下で最大4期分まで」「1契約者あたり、10万円から500万円の範囲内で設定(10万円単位)」という基準で金額を算定し前払いを行う。

NexToneは、それまで別々に活動していた著作権管理事業者の(株)イーライセンスおよび(株)JRCが合併して、2016年2月1日付で誕生した団体。エイベックス・ミュージック・パブリッシングなどが株式を所有している。

なお、もう一方の著作権管理事業者である日本音楽著作権協会(JASRAC)では、新型コロナウイルス拡大の支援措置として、臨時休校している教育機関がJASRAC管理の著作物を教材データの一環として生徒にインターネットで一斉送信する行為を、申請手続きおよび著作権料不要で行えるようにしている。

関連記事