MMCXコネクターも独自構造

LEAR、モデル毎に振動板素材が異なる低域調節機能付きイヤホン「LUFシリーズ」

編集部:成藤 正宣
2020年02月26日
桜木電子(株)は、香港LEARブランドのイヤホン “LUFシリーズ” 新モデル3種を2月28日より発売する。ラインナップは以下の通り。

●「LUF-BERAL(バレル)」:市場想定価格 税抜59,000円前後
●「LUF-TAITAN(タイタン)」:市場想定価格 税抜44,500円前後
●「LUF-PEEAK(ピーク)」:市場想定価格 税抜29,500円前後

「LUF-BERAL」

「LUF-TAITAN」


「LUF-PEEAK」
ブランドのインイヤーモニター製造ノウハウを活かし、音質から聴覚保護まですべてを追求して設計したという、ユニバーサルイヤホン “LUF(LEAR Universal Fit)シリーズ” の新モデル。共通の特徴として低域調整機構「240° SoundClock」を搭載し、ハウジング上部のダイヤルを回すことで、他の音域に影響を与えることなく、正確に低域の強弱が調節ができるという。

ハウジングのダイヤルを回すことで低域の強弱を調節できる

右に回せば強く、左に回せば弱くなる

モデルごとの大きな違いは、10mmダイナミックドライバーの振動板素材。「LUF-BERAL」がベリリウムPVD、「LUF-TAITAN」がチタンPVD、「LUF-PEEAK」がPEEK素材を採用。モデル名も、それぞれの振動板素材の略称と「Adjustable tuning(チューニングが可能)」の頭文字 “A” を組み合わせた合成語から名付けられている。

各パーツには、磁力の強いネオジムマグネット、CCAWボイスコイル、4N OFC線と4%無鉛銀はんだによる内部配線、シルバーコーティングOFCケーブルなどのこだわりの素材を採用。さらに、取り外し/交換が可能な高品質ベリリウム銅製MMCXコネクター「ComboCon(コンボ・コン)プラグ」、耳内の圧力を軽減し、耳に負担をかけることなく安全に音楽を楽しむための「バランスド・インイヤー・プレッシャー」といった独自技術も搭載している。

取り外し可能な独自構造のMMCXコネクター「ComboConプラグ」を採用する

LUF-BERALは、使用マグネットがN52ネオジム、再生周波数帯域が20Hz〜50kHz、インピーダンスは16Ω、感度は109dB。

LUF-TAITANは、使用マグネットがN48ネオジム、再生周波数帯域が20Hz〜50kHz、インピーダンスは16Ω、感度は109dB。

LUF-PEEAKは、使用マグネットがN40ネオジム、再生周波数帯域が20Hz〜50kHz、インピーダンスは16Ω、感度は112dB。

関連リンク

関連記事