中国の開発拠点に訪問してチューニング

Hi-Unit、ハイコスパ有線イヤホンにピエール中野モデル「HSE-A1000PN」登場。税込1,700円

編集部:平山洸太
2020年01月16日
Hi-Unitは、ロックバンド “凛として時雨” のドラマー・ピエール中野氏が音質チューニングしたイヤホン「HSE-A1000PN」を3月下旬に発売する。価格は1,700円(税込)で、ガンメタリックとピンクの2色をラインナップ。全国の家電量販店をはじめ、TSUTAYA、e☆イヤホンにて取り扱う。

「HSE-A1000PN」

ピエール中野氏がチューニングを実施

同ブランドのコンセプト「求めやすい価格帯でリスナーの感動を深めるイヤホン」に共感したというピエール中野氏によって、「驚きと衝撃を与えるイヤホン」を目指して完成させたとするモデル。ベースには2017年発売のモデル「HSE-A1000」を採用している。

開発にあたっては、中国にある開発・製造拠点に同氏が訪問。求めるサウンドについてエンジニアとディスカッションを行い、試聴を重ねてチューニングを追い込んだとのこと。その結果、低音域はタイトで力強く、かつ聴き疲れない量感、そして耳に刺さる成分を押さえたクリアな高音域によって、「この価格帯で究極と言えるバランス」を実現したという。

サウンドを確認している様子

本体カラーを吟味している様子

ドライバーはφ10mmのダイナミック型で、ハウジングにはアルミニウムを採用する。付属品としてオリジナルデザインのキャリングケースを同梱。イヤーピースは様々なユーザーの耳にフィットするよう配慮し、4サイズ(XS/S/M/L)を付属する。またパッケージデザインもオリジナル仕様となっている。

オリジナルデザインのキャリングケースが付属

オリジナルデザインのパッケージを採用

なお、2月5日から7日に東京ビックサイトで開催される見本市「第89回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2020」のTMネットワークブース(南3 ホール T25 - 27、T29)において、試聴可能な実機が初披露される予定。

ピエール中野氏のコメント

音楽をレコーディングする現場では、より良い音を届けるために計り知れないほどの労力と技術と時間が費やされています。

楽器ひとつひとつの音作りから、録音マイク、ミックス、マスタリングなど、様々な音にこだわる行程を経て、楽曲はリスナーに届けられているのです。

では、リスナーが音楽を聴く環境はどうでしょうか。スマートフォンなどの再生機器に付属のイヤホンや、コンビニなどで手軽に買えるイヤホンを使っている方は少なくないと思います。実は、それでは細部まで作り込んだ音は聴こえにくいのです。

そうは言っても「良いイヤホン」は値段が高いし、そこまで変わらないだろうと思われています。そんなイメージを変えていくために「最高のエントリーモデルを作る!」という強い熱意のもとに開発したのが今回のイヤホン、HSE-A1000PNです。実際に中国まで足を運んでエンジニアと直接やり取りし、徹底的に音質にこだわりました。

解像度が高く、定位もしっかりしていて、誰が聴いても良いイヤホンだと感じてもらえるように音質をチューニングしました。どんな楽曲とも相性が良く、声も聴きとりやすく、音楽を聴いていてとにかく楽しいイヤホンです。

元々高いポテンシャルを持つHSE-A1000をもとに、さらにピエール中野好みの音質、そしてこの価格帯で究極とも言えるバランスに仕上げました。

メインのイヤホンとしてはもちろん、ワイヤレスイヤホンのサブ機として、音楽ゲームのプレイ用など様々な場面で使ってください。このイヤホンを通じて、より多くの方に音楽を聴く楽しさを体感して欲しいです。

また、有線イヤホンは使ううちにケーブルが断線する恐れがあることから、断線を防止するためにケースもセットにしました。もちろん、オリジナルデザインです。イヤホンを使わない時にはこのケースに収納することで、断線をかなり防げるでしょう。

カラーバリエーションは「カッコいい」ガンメタリックと「かわいい」ピンクの2種類を用意しました。パッケージを含むトータルのデザインにも注目してください。ぜひ、実際に手にとってそのクオリティーとポテンシャルを確かめて欲しいです。

HSE-A1000PNが、イヤホンについて考える、音楽をより楽しむ、ひとつのきっかけになれば嬉しいです。

関連リンク

関連記事